【グルメ】喜多八食堂(岩手県久慈市)の『磯ラーメン』

旅・グルメ

こないだ、岩手県は久慈市に行ってきました。

久慈といえば、あまちゃん。

そうなんです。久慈は海産物の宝庫なのです。

そんな久慈市の、とある食堂。

その食堂で食べられる”ラーメン”に、私は太平洋の海原を感じました。

喜多八食堂の『磯ラーメン』

磯ラーメン 980円

第一印象は「あ、海っぽいな」でした。

目に飛び込んでくるのが、具材の豪華なこと。

ウニやらエビやらカニやら…高級食材がラーメンの上に乗っかってます。

ラーメンにウニ。

“ハンバーガーに松茸”みたいな妙な違和感を感じざるを得ません。

その他の具材も海原産のものばかり。

ホタテ…

タコ…

ワカメ…

メカブ…しりとりみたいになっちゃった(*ノェノ)キャー

マツモ…マツモってなんだ?

…カニカマ…カニカマ⁉

…ネギ…ネネネネギ⁉…まぁ普通か。

 

具材のオーシャンズ10。

惜しい、もう一声欲しかった。しかもネギ、オーシャンじゃねえし。

 

スープは淡く透き通るような色味で、もはや塩味以外考えられません。

実食!

まずは、スープを一口。

うめぇー。

というか、沁みる〜。

『磯ラーメン』というだけあって、海水のテイストは確かに出ています。

が、本物の海水のような嫌な臭みは無く、優しーい香りだけが残っています。

メカブがもたらすヌメヌメ効果で、スープにはトロミがあります。

味も尖らず、丸みのある塩味です。

いつまでもすすっていたくなるような、ガンジー並に優しく、丸いスープでした。

ちなみにガンジーは世間のイメージと違って、激昂する性格の持ち主だったそうです。ドナイヤ

 

お次は麺をば。

ズルズル…ルズルズ

細麺ですね。このスープにピッタリだと思いました。

細麺ってうまいですよねー。

 

具材もつまんでみましょう。

ウニは熱が通っているのでホロホロしています。いいエキスを出してくれていることでしょう。

エビ君、カニさんは殻に包まれた状態になっているので、食べるときは手でムキムキしなければなりません。あっちゃー🔥

メカブは、あの日の幻影のようにお箸をすり抜けていきます。つかめません。

意外な食感だったのがマツモ。海藻だからぷるぷる系かと思っていましたが、”ジャクジャク”という極細繊維だけど芯があるような歯ざわりでした。癖になります。

スープの味からして、アサリかシジミあたりが入っているかと思ったのでしたが、具材にはありませんでした。

 

珍しい見た目・味のラーメンでした。美味しかったです。

イクラ丼

イクラ丼 1500円

自分以外の家族はこちらを食べました。

イクラ丼の他に

・メカブのお吸い物

・茎わかめの煮物

・たくあん

が付きます。

お吸い物はラーメンのスープの味に酷似していました。

多分一緒でしょう。このお吸い物が付くのはデカイです。

 

イクラ丼を少し分けて貰ったのですが、ウマ~でした。

イクラってなんであんなに美味いのか。

時期的なものなのか、イクラが冷凍物だったのが少し残念でしたが、それでも美味いものは美味い!

お店の情報

『喜多八食堂』

〒028-0041 岩手県久慈市長内町第37地割1−26

Tel 0194-52-0855

営業時間 11:00〜17:00

定休日 月曜日

↑メニュー表

↑壁に貼ってあった、写真付きのメニュー

↑写真付きメニューその②

 

ちなみに海産物以外に、定食なんかもあったりします。

地元の人には定食の方が人気みたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました