【高コスパ中古車】[K12マーチ]をデザインした人は天才。幅広いラインナップも魅力。

おすすめの車

『マーチ』は、日産自動車が製造・販売するコンパクトカーです。

その中でも、最高のエクステリアデザインを持つモデル、K12マーチについて紹介します。


※スタイリングについては、記事本文にあります。

マーチってどんな車?

扱いやすいコンパクトなボディ大人4人が快適に移動できるキャビンを持つ、合理的なパッケージングが特長の車です。

2代目は、日欧でカー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞するなど、高い評価を受けたこともあるそうです。

また、日本車としては珍しく、フルモデルチェンジのスパンがかなり長いのも特徴のひとつです。

欧州などいくつかの地域では「マイクラ」という名前で販売されています。

歴代モデルは全部で4つ!あなたはどのマーチがお好み?


初代マーチ(K10型)1982年 – 1992年
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1280px-Nissan_Micra_1982_Cambridge-800x480.jpg です
Wikipediaより引用

世界的に著名なデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロのデザイン。近藤真彦がイメージキャラクターを務め、キャッチフレーズは「マッチのマーチ」。

市販車をレトロで個性的なスタイリングに仕上げた“パイクカー”として、現在も根強い人気を誇る『Be-1』、 『パオ』、 『フィガロ』のベース車でもある。

2代目マーチ(K11型)1992年 – 2002年
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1280px-1992-1995_NISSAN_March-800x408.jpg です
Wikipediaより引用

日本のみならず、ヨーロッパ圏も主要なターゲットとし、欧州車に負けない性能を目指したモデル。日本市場での競争力も高く、10年間安定したセールスを記録した。

日本カー・オブ・ザ・イヤー(1992)、RJCカー・オブ・ザ・イヤー(1992)をダブル受賞、欧州でも欧州カー・オブ・ザ・イヤー(1993)を日本車としては初めて獲得する快挙を成し遂げたモデルでもある。

3代目マーチ(K12型)2002年 – 2010年
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Nissan_March_K12_005-1-800x450.jpg です
外装色:マンゴーオレンジパール
Wikipediaより引用

プラットフォームは、ルノーと共同開発したものが採用された。4WDモデルは「e-4WD」と呼ばれる、日立製の業務用洗濯機のモーターを使った電動式のもの。

カルロス・ゴーンが日産のCEOに着任してから、初めて開発された車でもある。

4代目マーチ(K13型)2010‐ ※現行モデル
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1280px-Nissan_March_K13_1.2X_V_Selection-800x454.jpeg です
Wikipediaより引用

旧型からのコンセプトは継承しつつ、燃費性能のほか、パワートレインや操作性を大きく進化させたモデル。

日本国内ではなく、タイをはじめとした海外工場のみで生産される。これにより、スタンダード仕様で100万円を切る低価格を実現した。


どのモデルも魅力的ですが…

みなさんはどのモデルが好みですか?

私は断然、3代目であるK12型マーチ一択です


次期モデルについて

マーチの次期モデルについては、これまでの「かわいい系」から、現行のリーフやノートのような「かっこいい系」に方向変換するようです。

Wikipediaより引用

2017年からヨーロッパで販売されている、5代目マーチ(欧州名:マイクラ)。フランスで製造されている。

2020年2月時点において、日本国内への導入は未定。


好きすぎて堪らない‼3代目マーチ(K12)の魅力について

こんなにある!デザインに関する受賞歴
  • グッドデザイン賞 (日本・2002年)
  • オートカラーアウォード・グランプリ (日本・2002年)
  • レッド・ドット・デザイン賞 (ドイツ・2003年)
  • オートカラーアウォード・ファッションカラー賞 (日本・2003年)
  • オートカラーアウォード ・グランプリ(日本・2005年)
  • オートカラーアウォード ・グランプリ(日本・2008年)
  • オートカラーデザイナーズセレクション・インテリア部門賞 (日本・2008年)

スタイリング

全体的に丸みを帯びたフォルムが特徴のクルマです。ヘッドライトも丸いのでカエルのような可愛らしさにあふれています。どの角度から見てもデザインが一貫しています。

レトロっぽさがありますが、古くは感じないスタイリングです。日産エンブレムが無ければ、まるでヨーロッパのコンパクトカーのようなスタイリング。

現在の国産コンパクトカーでもこれを超えるデザインのクルマってないんじゃないか、と個人的には思います(現行のデミオとかノートとかも充分かっこいいんですけどね)。

今となっては中古車でしか入手できないモデルですが、現行マーチよりも遥かにデザインが優れていると感じます。スタイリング的に女性が運転すると、とてもハマると思います。自分は男ですが、普通に欲しいです!

選び放題なボディカラーは全12色!

ボディカラーが全12色と豊富なのも魅力の一つ。全カラーについては日産の公式サイトに掲載がありますのでそちらを確認してみて下さい。

このクルマについてはありきたりのブラックやホワイト、シルバーなどではなく、「マンゴーオレンジパール(オレンジ)」「ショコラ(ブラウン)」「クリスタルブルー(スカイブルー)」などのファッショナブルな色がとても映えます。

外装色:ショコラ
Wikipediaより引用

K12マーチの中でも、さらにお洒落な「ボレロ」

クラシカルな外装が好みの人向けに「ボレロ」というグレードなんかもあったりします。

フロントグリル、フロントバンパー、サイド・リアのメッキモールなどが通常のマーチと異なります。

コアなファンを獲得しているグレードです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Nissan_MARCH_Bolero__K12__front-1-800x600.jpg です
Wikipediaより引用
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Nissan_MARCH_Bolero__K12__rear-1-800x600.jpg です
Wikipediaより引用

インテリア

マーチのインテリアもエクステリア同様に丸みを帯びた造形となっています。ただし、外観に比べて割と普通なインテリアかなとは思います。

質感はそこまで高くないですが、キャラクターにあった良いデザインです。

大人4人が乗るには少し窮屈と感じる人が多いようです。私もこの型のマーチに乗ったことがあり、確かに「4人だと少し狭いかな」とは思いましたが、何となく楽しい空間だったのを憶えています。大人2人であればゆったり乗ることができるでしょう。

日産 サイトより引用

走行性能

エンジンのバリエーションも豊富で、「1.0Ⅼ」「1.2Ⅼ」「1.4Ⅼ」「1.5Ⅼ」の4種類があります。

私はこの中で1.2Lのマーチを運転しましたが、動力性能は充分でした。870㎏ - 1060㎏と軽量な車重のため、上り勾配での加速時もストレスは感じません。日常使いから高速道路での遠出までこなせるエンジンパワーです。

モアパワーが欲しい人向け!ハイスペックモデルもあります

K12マーチにはハイスペックグレードである、「12SR(1.2Lエンジン)」、「15SR(1.5L)」も用意されています。このグレード専用にチューンされたエンジンを積むほか、サスペンション・エアロパーツ・マフラーetc…気持ちよく走るための装備が満載です。

Wikipediaより引用

ハンドリングも、走行性能を語る上で重要な要素のひとつです。

…が、通常グレードのマーチは「良い!」って感じはそれほどせず、いわゆるフツーの乗り味です。ハンドルが軽すぎて操縦感覚に乏しいのは少し残念なところです。クルックル回るので力のないお年寄りや女性向けの味付けなのでしょうか。


ブレーキも効かないわけではないのですが、踏んだ時のタッチがフワフワしており違和感がありました。踏み込むとグーッとかなり奥まで軽く踏み込めるのですが、軽すぎて少し不安になります。


運転時の取り回しは、そのコンパクトなサイズから非常にしやすいと思います。

日産 サイトより引用

短所

高級なカテゴリーでも高額車でもない、エントリークラスのコンパクトカーに位置する「マーチ」。気になる点もいくつかあります。ここでは「静粛性が低い」など、マーチに限らずこのクラスの車のどれにも当てはまるような短所は除き、このクルマ特有の気になるポイントを述べていきます。

K12マーチのここがダメ…
  • ハンドルが軽く、運転していて落ち着かない
  • ブレーキのタッチ感がスポンジー
  • やわらかいが乗り心地が良くないサスペンション
  • スロットルボディの不調になりがち
  • リアドアの電動ロックが故障する個体が多い

上記に挙げたような点が気にならないか、試乗してから購入するようにされた方がよろしいかと思います。

不具合については、故障しやすい部分が初めからわかっている分、逆に対処しやすいとも言えます。

運転に対する感覚は人それぞれですので、これらの短所が気にならない人もいるでしょうし、短所も含めてそのクルマを愛するという付き合い方もあります。上記はあくまで参考程度にとどめておいてください。

K12マーチの価格

旧型にあたるこのモデルは現在新車での購入は出来ません。

なので中古車の中から、自分の希望に合った、お気に入りの1台を選ぶことになります。

このマーチ、実はとてもリーズナブルな価格で販売されています。中古車なので程度により売値はピンからキリまであるのですが、そこそこの程度のものでも総額40~50万円位で購入できると思います。

SRグレードを除いて、高額な車両で総額75万円程度、最安値で12万円程度でした。

参考に、総額13万円の車両でも「事故歴なし」の「車検1年弱残」、「走行距離7.7万キロなんていう物件もありました(あくまで参考です)。

個人的な意見ですが、新車時の車両価格が110万円程度からとお安いクルマなので、中古で買う場合はあまり高値のものは狙わず、そこそこの車両を購入しメンテナンス費用に少しお金を残しておくという買い方が良いのかなと思います。

まとめ

今回色々調べてみて。『マーチ』というクルマの評価は各モデルを通じ、総じて高いと感じました。

ただし現行モデルであるK13型に限っては、スタイリングが酷評されていたり「コストダウンした」と感じる人も少なくないようで、あまり評価はされていないようです。

以上の点から見ても、日本車離れしたハイセンスなデザインでありながら親しみやすいスタイリングと購入しやすい価格のK12マーチという選択はアリなのではないかと思うのです。

かわいいクルマが欲しい

おしゃれなクルマが欲しい

けど、おカネが…

なんて思っている学生さんや新社会人の方なんかには特におすすめしたいクルマです!

Wikipediaより引用

あとがき~もっと個性を‼という欲しがりさんは、こちらをチェック!~

マーチでスポーツしたいなら前述した「SRグレード」が有りますが、

人とは違うクルマに乗りたいという願望を持つ方にピッタリなモデルも用意されているようです。

マーチのカブリオレ(オープンカー)モデルである『マイクラCプラスC』です。

Wikipediaより引用
Wikipediaより引用
Wikipediaより引用

ヘタなオシャレ系外車よりもインパクトがあって、かつ誰ともカブらない超絶レア車です。

「マイクラ」の名前の通り、ヨーロッパで企画された逆輸入モデルです。

中古車サイトで、最高値でも総額148万円程度、最安車で総額44万円安い!…けど需要は少なそうだな、これ。

これを乗りこなせたらあなたもコシノジュンコばりの一流デザイナーですよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました