【進捗率50%】テーブルタップは床に置くな

人生はデザインだ

すっきりした部屋は気持ちがいいです。

でもいくら片付けても、インテリアのモデル写真のようにはなりません。

モデルルームとは違って、自宅には至るところに電源コードがあるからです。

クモの巣をイメージすると分かりやすいとおもいます。部屋中に張り巡っていたら、いい気持ちはしないはずです。

クモの糸は細いですがコードは太いので、遠くからでも目につきやすいです。

造形的に美しいクモの巣とは異なり、コードはもつれながら壁や床に延びています。

色も黒やグレーといった、部屋に調和しないものが大半です。

コードだらけの部屋が汚く見える理由がお分かりいただけたでしょうか?

まず対処すべきはテーブルタップ

現代の生活では、壁に設置されているコンセントだけでは足りません。

1つのコンセントから複数の電源がとれる「テーブルタップ(延長コード)」はもはや必須アイテムです。

これがあれば、コンセントから遠いエリアでも電化製品を使うことができます。

テーブルタップは間違いなく便利なのですが、そこからいくつも配線が枝分かれしていくので部屋がすっきりしないのは当たり前です。

コードをすっきりさせたいなら、まずはこのテーブルタップをどうにかしないといけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました