【音楽】EVISBEATS ゆれる feat.田我流 

音楽のレビュー

田我流…タガル?…デンガリュウ?

EVISBEATS【MV】ゆれる feat. 田我流
EVISBEATS【MV】ゆれる feat. 田我流
出典:YouTube

楽曲について

このこころがゆれるときがある――。

そんな歌い出しから始まるこの曲。

日常の何気ない瞬間に、こころがゆれるときがある。

普段のライフスタイルを切り取った、詩のようなリリックがメロウなビートにのって、淡々と流れていきます。

2015年に発表された、この楽曲はその年のヒップホップを代表するクラシックとなりました。


ジャンルとしてはヒップホップですが、このジャンルをあまり聴かないような人でも、聴いていてイヤな感じは全くしないと思います。

かと言ってポップ的かというとそんなこともなく、ハードコアなラップでもない、「アート的」な作品という感じです。

このようなテイストのヒップホップはありそうであまりありません。何にも似ていないけど、奇をてらった感じは全く無い不思議な楽曲です。

なにかの作業をしながら聴けるタイプの音楽でもあります。これを流しながら、ネットをみている瞬間は心が満たされていくような、そんな気持ちになります。


「今日は残りの人生のはじめの1ページ」

田我流の一日を切り取ったようなPVも魅力的です。

こちらも淡々と日常の生活を過ごしている様子を流しているだけなのですが、惹きつけられる何かがあります。

ご飯を作って食べたり、タバコを吸ったり、散歩をしたり――。ただただ、そんな当たり前の生活を描写しています。

田我流が自分と違うのは、その日の好みのレコードでターンテーブルをプレイしている事ぐらいです。

それ位ありふれたシーンの連続なのですが、他人の生活を覗き見ている感覚と、そのライフスタイルが楽しそうで羨ましい気持ちになる、とてもいいPVだと思います。

小さな街の、駅前にたむろするヤンキー中学生もいい味出してます。


なにかに悩んでいる時、

上手く行っている時、

疲れた時、

落ち着きたい時、

がんばりたい時、

そんな瞬間にこころをゆらしてくれる、ステキな音楽です。

アーティスト情報

EVISBEATS

奈良県出身のトラックメーカー、MC。現在はMCとしてはAMIDA、トラックメーカーとしてはEVISBEATS(エビス ビーツ)という名で活動している。

ヒップホップグループ韻踏合組合奈良支部であるNOTABLE MCの元メンバーである。当時はAKIRA(アキラ)という名でOHYA(現だるまさん)と共に活動していた。

【出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アミダ_(ミュージシャン)

EVISBEATS【PV】いい時間
EVISBEATS【PV】いい時間
出典:YouTube

田我流(でんがりゅう)

日本のラッパー、DJ、俳優である本名は田村 隆(たむら たかし)。

1982年、山梨県一宮町(現在の笛吹市)に生まれた。広告代理店勤務の父親と専業主婦の母親を両親に持つ。高校を卒業した2001年、アメリカ合衆国ニューヨーク州に留学した。2004年に帰国。故郷に戻り、幼馴染たちとstillichimiyaを結成した。

【出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/田我流

stillichimiya【MV】ズンドコ節
stillichimiya【MV】ズンドコ節
出典:YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました