自動車

【フィット/フリード/N-BOX 等】ホンダ車・全12モデルのエアコンフィルター交換方法について解説。

エアコンフィルターは、誰でもサクッと交換できる

みなさん、車のエアコンフィルター交換は業者にお願いするものと思っていませんか?

結論から言うと、全然そんなことありません。

業者に依頼するよりも自分で交換したほうが断然おすすめだと個人的には考えています。

難しいというイメージがあるかもしれませんが、今回紹介する方法だと5分あれば誰でも交換することが可能。

もちろんプロに任せてもいいのですが、自分で交換すればコストを半分以下に抑えることができます。

標準的なフィルターへの交換高機能フィルターへの交換
業者に依頼した場合4,000円前後7,000円前後
自分で交換する場合2,000円前後4,000円前後
交換費用の相場

業者にお願いする場合、フィルター本体の金額の他に作業工賃というものが発生するからです。

DIYで交換する場合だと工賃はもちろん発生しませんから、掛かる金額はフィルター代だけになります。

お店に車を持っていって交換をお願いするよりも断然早く終わりますので、時間をムダにしたくない人にもおすすめです。

フィルター交換の必要性と目安について
エアコンフィルターの役割

車のエアコンには異物を取り除くためのフィルターが付いており、空気の通り道をきれいにしてくれています。

フィルターにゴミが溜まると、

エアコンの風量が低下する    

ゴミによっては嫌な匂いが発生する

このような不具合の原因になります。

これらを防ぐためにエアコンフィルターを定期的に交換するよう、車メーカーはユーザーに求めています。

交換の目安1年または走行距離15,000kmごと(どちらか早い方)
ホンダが指定する純正フィルターの場合
ひだの間には、タンポポのわた毛や発泡スチロールの破片などが詰まっていました。

これらの車種なら、交換方法は一緒です。

今回紹介する方法で交換可能な車種はこんなにも。

ホンダのコンパクトカー・軽自動車の場合、年式やモデル問わず多くの車種において、今回紹介する交換方法で対応できます。

フリードよりも上の価格帯の車種だと、グローブボックスの開閉機構にダンパーを用いているため作業が一手間増えますが、基本的には今回紹介する方法とさほど内容的には変わらないものが多いようです。

※作業的には同じだとしても、エアコンフィルターのサイズや形は車種や年式により異なりますので、よく確認してから購入してください。

FIT(フィット)シリーズ

初代を除き、歴代の各モデルが今回紹介する方法で交換可能です。この中には2代目フィットの派生車種であるフィット・シャトルも含まれます。

※ちなみに、初代フィットは交換方法が異なるというだけで作業が難しいということはありません。インターネットで検索すれば、交換方法は調べる事ができます。

参考までに、フィット歴代モデルの型式と年式を記載した対応表を作成してみました。あなたの乗っているモデルを確認してみてください。

初代フィット(GD型・2001〜2007年)  
2代目フィット/フィット・シャトル(GE型・2007〜2013年)    
3代目フィット(GK型・2013〜2020年)    
4代目フィット(GR型・2020年〜)    
○…今回の方法で交換可能
✕…交換方法が異なる

FREED(フリード)

フリードであれば新型/旧型問わず交換方法は一緒なので、フリードにお乗りの方はぜひとも交換にチャレンジしてみてください。

なお、派生車種であるフリードスパイクとフリード+(プラス)についても同様となります。

初代フリード/フリードスパイク(GB3/4/GP3型・2008〜2016年)  
2代目フリード/フリード+(GB5/6/7/8型・2016年〜)  
○…今回の方法で交換可能 

N-BOX(エヌボックス)&N-VAN(エヌバン)

初代N-BOX(左)とN-VAN(右)

N-BOXについては初代モデルのみ今回紹介する方法で交換可能です。2代目モデルは交換方法が異なります。

※交換方法こそ異なれど、2代目N-BOXの場合も交換は難しくありません。

また、N-BOXをベースに設計されたN-VAN(エヌバン)に関しては今回紹介する方法より、もっとカンタンにエアコンフィルターの交換が可能となっています。

内装パネルの一部(具体的にはグローブボックス)が省略されていることで、N-VANは今回挙げた他の車種と異なりグローブボックスをバラす必要がありません。

※ただグローブボックスのバラシ作業自体は30秒もあれば終わるので、N-VANとそれ以外の車種で作業時間が大幅に違うということはありません。

最後に、N-BOXについては初代と2代目モデルの外観デザインが似ていますので、車に詳しくない方は下記の対応表を参考に年式や型式からご自身のモデルを確認してみてください。

初代N-BOX/N-BOX+/N-BOX SLASH(JF1/2型・2014〜2020年)  
2代目N-BOX(JF3/4型・2020年〜)  
初代N-VAN(S07B型・2018年〜)  
◎…今回の方法よりも簡単に交換可能
○…今回の方法で交換可能
✕…交換方法が異なる

N-WGN(エヌ-ワゴン)

N-BOXと同様、ホンダの軽自動車ラインナップ「Nシリーズ」の1車種であるN-WGN

こちらについても旧型にあたる初代モデルであれば、今回の紹介する方法で交換可能です。

一方で、2代目モデルに関しては交換方法が異なります。この点は基本設計を同じくするN-BOXと同様といったところでしょう。

初代N-WGN(JH1/2型・2013〜2019年)  
2代目N-WGN(JH3/4型・2019年〜)  
○…今回の方法で交換可能
✕…交換方法が異なる

ちなみに「Nシリーズ」のラインナップのうち、

  • N-one(エヌワン)
  • N-660(エヌ660)

については、いずれもエアコンフィルターの交換方法は今回紹介するものと若干異なります。

※例によって、こちらの交換もさほど難しいものではありません。

SHUTTLE(シャトル)

フィット・シャトルの後継車種であるシャトルについても、3代目フィットをベース車としていることからエアコンフィルター交換の手順は全く一緒です。

GRACE(グレイス)

5ナンバーサイズのコンパクトセダンであるグレイス

シャトル同様、3代目フィットをベース車としていることからエアコンフィルター交換の手順は全く一緒です。

【各車種共通】エアコンフィルターの交換方法について

作業の流れ

今回紹介するエアコンフィルターの交換方法はとっても簡単です。工具も必要ありません。

手順を簡単に説明すると、

  1. グローブボックスを外す
  2. ケースのカバーを開けて、フィルターを取り替える

あとは、外したカバーとグローブボックスを元に戻すだけで作業は終わりです。

上記に挙げた車種であれば、作業の内容はすべて共通となります。

本記事ではフリードスパイクを使って、エアコンフィルターの交換方法を解説していきます。

エアコンフィルターはグローブボックスの奥にあります。

グローブボックスを開けるだけでは、エアコンフィルターにたどり着けないので、まずはグローブボックスを外す必要があります。

※グローブボックスを外す前に中身を出しておきましょう。

グローブボックスの奥側には、左右1つずつストッパーがあります。

ストッパーを外すには、グローブボックスを開けた状態で側面を挟み込むように両手で持ち、ボックス中央に押し込むイメージで全体をたわませます。

それほど力を込めなくても、ストッパーが外れるはずです。あとは傷つかないよう、グローブボックスを優しく足元に置きます。

※この時、グローブボックス下部はまだ車両側に固定されているはずです。こちらを取り外す必要はありません。

グローブボックスを外すと白い樹脂製のパーツがあらわれます。

これがエアコンフィルターのケースです。この中にフィルターが入っていますので、カバーを開けてフィルターを取り出します。

カバーは左右1ヶ所ずつ、ツメで固定されています。これも簡単に外れるので、壊す心配は特にありません。

※上の画像の黄色い丸で囲った部分がツメです。

カバーを開けたら、フィルターを取り出します。ゴミやホコリをこぼさないように気を付けながら取り出すようにしましょう。

※フィルターの上面にゴミが溜まるようになっています。

古いフィルターを取り出したら、いよいよ新しいフィルターへの交換です。

フィルターを入れる向きと上下をよく確認してからケースに入れます。

※もしケースに収まりが悪ければ、入れる向きが違いますので、フィルター本体に記載されているマークを参考に入れ直します。

エアコンフィルターの取扱説明書(イメージ)

入れる向きに関してはフィルター本体だけでなく、フィルターの取扱説明書やフィルターケースなどにも記載されていますので、向きで迷うということは特にありません。

新しいフィルターをケースに収めたらカバーを閉め、グローブボックスを元の状態に戻します。

グローブボックスは、床面に倒れた状態から起こして元々あった場所に押し込むだけです。外すときよりも簡単な作業となっています。

※グローブボックスを戻すときに配線を切らないよう注意。

これで作業は終わりとなります。

大体の人が5分以内で終わらせられるんじゃないかなと思います。

まとめ

今回はホンダのコンパクトカー・軽自動車の多くに対応したエアコンフィルターの交換方法について紹介してみました。

該当車種であれば、初めての方でもこの記事を一通り読んでもらえれば絶対出来ると思いますのでぜひチャレンジしてみてください。

それでは今回のまとめです。

  • エアコンフィルターは定期的に交換が必要
  • 交換作業は思っているより簡単
  • 自分で交換すればコストは半額
  • お店に頼むよりも早く終わる

よって、エアコンフィルター交換は自分でやった方が色々と効率が良い!!