生活

【家事のコツ】包丁研ぎを30倍速で終わらせる方法

この記事はこんな人におすすめ
  • トマトを切るとき、潰れてしまう
  • 鶏肉の皮がなかなか切れない
  • 包丁を研いだことがない
  • 面倒くさいのは嫌いだ

あなたの悩みに答えます!

包丁を研ぐタイミングは、トマトがスパッと切れなくなったら。

「包丁の切れ味が悪くなった」というのは、具体的にどのような状態を指すのでしょうか?

参考サイトによれば、トマトが「切りにくい」と思ったら研ぎ頃だそうです。

新品のときの切れ味を100%とすると、このときが80〜90%のイメージとのこと。

切れ味の悪い包丁は食材がうまく切れないのでストレスにつながるほか、食材の旨みを逃してしまうという研究結果もあります。

旨美さん

一般的な研ぎ方だと5分かかる

一般的に、包丁は砥石(といし)で研ぎます。

砥石は目の粗さ(粒度)が何段階にも分かれており、切れ味にこだわる人は使い分けをします。

砥石の粒度
  • 100番前後……粗い
  • 800番前後……中くらい
  • 2000番前後…細かい

粗い砥石から始めて、細かい砥石で仕上げます。

手軽に済ませたい人は、中くらいの粗さの砥石のみでもOKです。

参考までに、砥石を使った研ぎ方を簡単に紹介します。

包丁の研ぎ方

①砥石を水に浸す

包丁と砥石に生じる摩擦熱を抑えるために、15分ほど水につけます。

②砥石を固定する

研いでいる最中に滑らないように専用の台、もしくは布巾の上に砥石を置きます。

③包丁を研ぐ

研いでる最中はこまめに水をかけて、砥石が乾かないようにするのがポイントだそうです。

研いだ面とは逆の面の刃先を触って引っかかる感触があったら、それは「刃返り」と言って研げている証拠なのだとか。

引用:スタイルストア

④裏面を研ぐ

手を持ち変えて反対側の刃も同じ要領で研ぎます。

⑤刃返りをとる

研ぎ終えたら、包丁を新聞紙の上で払うように擦り、刃返りをとります。

表面と裏面を交互に繰り返し、刃返りが取れたら作業終了です。

なにやらすごい手間ですが、慣れれば5分で研ぎ終えることもできるみたいです。

今回紹介する方法なら、10秒で仕上げることが可能。

効率を追求する私の場合は、包丁研ぎに5分もかけていられません。

私くらいのレベルだと10秒あれば充分です。

ざっと1/30の時間で仕上げることができます。シャムシェイドのさらに1/10です。

ちなみに私はプロの料理人でも研ぎ師でもありません。

そんな私がなぜそこまで早く仕上げることができるのでしょうか?常人の30倍速く動けるからでしょうか。

答えは「研ぎ方が根本から違う」からです。

砥石を使わずに、シャープナー(研ぎ器)を使っています。

これがあれば、押して引いてを10回繰り返すだけです。

水に浸しておく必要も、熟練の手さばきも必要ありません。基本誰がやっても、失敗はありえません。

肝心の切れ味も文句なしです。

「どれを買ったらいいか分からない」という人は、とりあえずこのシャープナーを買っておけば大丈夫だとおもいます。

これを購入する以前は、私も砥石で包丁を研いでいた時期があります。

そりゃもう、
ドヤ顔で研いでました。

結論から言うと、5分で研ぎ終えることは最後までありませんでした。

初めて研ぐときには、まず45°の感覚がわかりません。おまけに角度をキープするのも難しいです。

長い時間かけて切れ味がイマイチだったら、最初からやり直しです。

こんなん、私には習慣として続けることは出来ません。

煩わしさから、なるべく手間がかからないものを求めて手を出したのがシャープナーです。

「どうせ大したことないでしょ」という予測は、良い意味で裏切られました。

砥石でシャカシャカやっていたときよりも圧倒的に短時間で仕上がり、かつよく切れるのです。

その日以降、砥石はキッチンから姿を消しました。

手間をかけたからと言って、切れ味は30倍にはならない。

一応補足しておくと、「よく切れる」というのは私レベルでの見解です。

包丁研ぎには砥石が必須という人も、世の中には一定数いるでしょう。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

ですが世の中で包丁を使う人の多数は、以下の点において私と同じ意見ではないでしょうか。                                 

  • 切れ味に命をかけていない                                                                                                                                                         
  • 砥石で研ぐのがド下手(もしくは研いだことすらない)                                                                                                                                                                                                                                                                                      

要は何を重視するかです。

切れ味が悪くても問題ないと判断するのであれば、シャープナーさえ使う必要もありません。

ただ私の場合は、包丁の切れ味で料理をつくるモチベーションが変わってきます。

一方で、時間のわりに効果が出ない(薄い)ような単純作業はしたくありません。

私にとっては10秒で研げるシャープナーがベストな選択だとおもっています。

速さだけなら、砥石で研ぐのが世界一速い人にもおそらく勝てます。

世界一上手な人が研いだとしても、シャープナーで研いだ包丁より30倍切れるわけでもありません。

それでいて私のような素人が砥石で研ぐよりも切れるのですから、まさに理想を具現化したような存在です。

ズッキュゥーン♡

思い込みは、選択肢を狭める。

シャープナーを使う以前、私には強力なバイアスがかかっていました。

これはステレオタイプの料理人のイメージによるものです。

砥石を使う料理人のイメージ

料理番組やドキュメンタリーなどで登場する、いわゆる「職人」的な位置付けの人。

主に日本人シェフのイメージです。

  • 几帳面、繊細
  • 切れ味にこだわる
  • 道具を大事にする
包丁の切れ味が抜群なのが特徴です。

シャープナーを使う料理人のイメージ

研ぎ棒でシャンシャンと音を立てながら陽気に包丁を研ぐ、「テキトー」なキャラクターの料理人です。

こちらは外国人のイメージが強いです。

  • 大雑把
  • 研ぐのはパフォーマンスの一部
  • 道具を乱暴に扱う

両者から受ける印象から、私は勝手な固定観念を抱いていたのでしょう。

  • 砥石の方が切れる→シャープナーは切れない
  • 一流の料理人は砥石を使っている→砥石を使わないとダメ

この非論理的な思考のおかげで、シャープナーを使う機会を今に至るまで逃し続けていました。

実際に使ってみての感想は先に述べたとおりです。

思い込みは視野を狭めます。結果として少ない選択肢の中でベストなチョイスを迫られることになってしまうのです。

「そこまで期待していなかったけど、試しにやってみたら予想以上に良かった」という体験は誰しも一つや二つあるはずです。

これは言い換えれば「やってみた」ことで獲得できた成功体験ということもできます。やらなければ絶対に得ることのできない体験なわけですから。

今回は包丁のお手入れについてのお話でしたが、この考え方は人生の色々な場面にも応用ができるはずです。

今回の名言

私たちは単純に、物事は「こうだ」、あるいは「こうあるべきだ」と思い込んでいるだけである。
そして、私たちの行動や態度、考え方そのものも、こうした思い込み=パラダイム(考え方、見方)から生じている。

スティーブン・R・コヴィー
(米国の経営コンサルタント)

まとめ

包丁を研ぐタイミングは、トマトが気持ち良く切れなくなったら。

砥石で研いだ場合、慣れている人が手軽な方法で行ったとしても5分はかかる。

シャープナーであれば10秒で研ぐことが可能。誰にでも簡単に使うことができる。

プロの料理人が砥石を使っているからといって、それが(プロではない)自分にとってベストな選択というわけではない。

固定観念や先入観を捨てることで、自分にとってベストなものに出会いやすくなる。

【中川政七商店の読みもの】

https://story.nakagawa-masashichi.jp/2247

【みんなの知恵袋】研ぎ師直伝!驚くほど切れるようになる、包丁の研ぎ方講座

https://note.stylestore.jp/detail/24816/