自動車

プリウスの完成度がヤバイ。

プリウスのおすすめポイントはコレだ‼

ハイブリッドシステムの完成度がスゴイ

プッシュスタートボタンを押した瞬間からハイブリッドであることを感じられます。

バッテリー残量が一定以上ある場合や気温がそこまで低くない場合、エンジンが掛かりません。

エンジンが始動しないままエアコンやオーディオを使用することができるのです。

エンジン音がしないということは早朝や深夜などに車を使う場合、近隣に気を遣うというストレスがほぼ無くなることを意味します。

走り始めでもエンジンは掛からず、低速域ではモーターのみで車を走らせます。

走らせ方によりますが70㎞/ℎ程度まではモーター単独で走らせることが出来(る時もあり)ます。

この感覚は既存のガソリンエンジンとは異なる感覚で新鮮です。

アクセルを踏み込んだり、バッテリー残量が少ないときはエンジンのみ、もしくはエンジンとモーターで駆動します。

ブルっとした振動やエンジン音などで「あっ、切り替わったな」とはわかるのですが、不快な切り替わり方はしません。

他メーカーのハイブリット車などは現行モデルであってもエンジンに切り替わるときのショックが大きいものも結構あるみたいです。

ここはハイブリッドシステムに関して一日の長のあるトヨタの強味でしょう。

面白い機能が“EVモード”で、EVモードにした場合モーターのみでの走行が可能になります。

このモードでは電気自動車の走行感覚が味わえます。約60㎞/ℎまではロードノイズや風切り音、環境音しかしませんのでシチュエーションによって切り替えてみるのも面白いかもしれません。

燃費がいい!

ガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッドカーであるプリウス燃費はとても良いです。公称燃費でJC08モード32.5㎞/ℓ、私のプリウスの実燃費で20~27 ㎞/ℓ位は走ります。

過去に私が所有していた車と比較してみます。


2500㏄FRセダンハイオク仕様8~10㎞/ℓ位 
2400㏄FFミニバンレギュラーガソリン7~10㎞/ℓ位 
660㏄4WD軽自動車レギュラーガソリン13~16㎞/ℓ位 
1800㏄FFハッチバックレギュラーガソリン20~26㎞/ℓ位←プリウス

一般的な車とは別次元といってもいいほどの低燃費です。

同年代・同クラスのガソリン車(カローラやアクセラなど)と比べて2倍程度は走ると思いますので、同じ距離走ってもかかるガソリン代は半分ですし、同じ量の燃料で2倍の距離走ることができます。冷静に考えるとこれは凄いことだと思います。

ガソリン車に乗り換えた場合燃料にかかるお金は2倍になりますので、なかなか買い替えようという気にならない、という状況です。

燃費がいいということは給油の回数が減ることにもつながります。

燃料タンクの容量が45ℓですので、20㎞/ℓで走った場合の航続距離は900㎞ということになります。

同クラスの他車と比べた場合、給油の頻度は半分程度に減ります。

遠出した時などガソリンスタンドに立ち寄る手間と時間が半分になるので結構快適です。

意外に荷物が積める

全長4,540mm
全幅1,760mm
全高1,470mm(2WD)
乗車人員5名
荷室容量446ℓ
室内長1,905mm
室内幅1,470mm
室内高1,225mm

プリウスのラゲッジスペースは思っていたより広いです。

駆動用のバッテリーを積んでいることと車のサイズを考慮すると優秀な部類といえると思います。

以前所有していたミニバンは5mに迫る全長のLクラスミニバンでしたが、3列シートの影響からラゲッジスペースはプリウスよりもずっと小さかったです。

プリウスの場合は室内高が余りないので、高さのある荷物は苦手ですが、奥行きは十分あります。

さらに、後部座席は6:4の分割可倒式なので後部座席をたたむと奥行き約1.7m、幅約1.5mほどの空間が確保できますので自転車なども寝かして積むことができます。

我が家は3人家族なのですが、3泊くらいの旅行の荷物は余裕で積み込めます。

座席に関しても広くはないですが、窮屈といったことは全く無く、4人までであれば乗員に不満は出ないと思われます

5名乗車ではありますが、後部座席の中央は両サイドのシートよりも張り出した形状をしていますので着座感が悪く、またフル乗車した場合に閉塞感が出てしまいますのでご注意を。

充分な動力性能

プリウスって結構速いんですね、結構もっさりしているもんだと思ってました。

搭載されているエンジンについては”アトキンソンサイクル”という燃費に振ったもので出力的に大したことはないのですが、アクセル踏み始めからトルクが立ち上がる電気モーターと組み合わせることで必要にして十分なパワー感があると感じました。

メーカー曰く「2.4Lガソリンエンジン車並みのパワー」とのことです。

最高出力エンジン73kW (99PS) /5,200rpm
モーター60kW (82PS)
最大トルクエンジン142N·m (14.5kgf·m) /4,000rpm
モーター207N·m (21.1kgf·m)
システム最大出力エンジン&モーター136PS

シフトノブ付近のインパネにあるボタンで“ECO”・“EV”・“POWER”とモード切り替えが出来るのですが、POWERモードにした時なんかは本当に低速~中速付近の加速が鋭いです。

(トレードオフとして燃費は1~3㎞/ℓほど悪化します。)

④ハイブリッドシステムがスゴイ

もう一つ特筆すべきは回生ブレーキがもたらす「ブレーキパッドの減りの少なさ」です。

バッテリーへ充電するためのエネルギーはエンジンの発電以外に、車両減速時の運動エネルギーを回生ブレーキという仕組みで電気エネルギーに変換するメカニズムとなっています。

通常の車の場合はブレーキパッドの摩擦により運動エネルギーを熱エネルギーに変換するだけですが、プリウスの場合はこれに回生ブレーキが組み合わさるためブレーキパッドの仕事量が比較的少なくて済みます。

「比較的」と書きましたが実際減りの少なさは尋常ではなく、「ほぼ減らない」という表現をしても差し支えないといえるレベルです。

新車時から15万㎞~20万㎞くらいまではブレーキパッド無交換でいけることが多い(定期点検はしましょう)みたいです

トヨタ流の造り込みが感じられる

プリウスはトヨタでも力を入れている車種の一つです。

初代から現行モデル合わせた世界累計販売台数は約398万台30プリウスだけでも約186万台にもなります。

これは自動車史上でも稀にみる大ヒットです。そのため各所に気(とお金)を使って設計をしていると思われます。

トヨタがハイブリッドシステム“THS”に費やした開発費用は数千億にも上るとか。

そのため初代プリウスの215万円という販売価格は「とてつもない赤字」との開発担当者の談です。

初代プリウスから積み重ねられたトヨタの知見は2代目プリウスでハイブリッドのメカニズムを飛躍的に向上させ、3代目である30プリウスでのある種の完成を迎えました。

「駆動用バッテリーは劣化した場合の交換費用が40万円位かかる」なんて巷ではよく言われますが、バッテリーが不良になった場合交換にかかる費用は30プリウスで17万円程度とそこまでは掛からないみたいです。

さらにいうとバッテリーが不良になるケースはごく稀です

全国で売却された車が集まってくるオークションのデータからモデル毎のバッテリーの故障率を調べた方のデータによると走行距離20万㎞までの車両100台中駆動用バッテリーを交換している車両はなんと0台

プリウスに搭載されているバッテリーの寿命は半端ないようです。

以前見たTV番組でも「ハイブリッドシステムの耐久性は車両の耐久性と同等かそれを上回るように設計している」と30プリウス開発担当者が話していました。

駆動用バッテリ―の保証について※30プリウスは旧型のため現在においては多くの車両が左記に該当しないと思われる
年数新車登録から5年
走行距離100,000㎞以内

私も以前2代目の20プリウスを所有していましたが乗り換えた時、30プリウスは燃費性能は正直「やや上がった」程度くらいにしか感じませんでしたが、車としての完成度は「すごく洗練されている」と感心した記憶があります。

スタイリングも初代や2代目に比べ随分カッコよくなりましたし、内装の造形などにも先進性があります。

2018年の現在でもそこまで古さは感じません。

クルマとしての使い勝手も同クラスのハッチバックやセダンとあまり変わりません

標準装備やオプション装備も同年代の他メーカーに比べ豊富に思います。

バカ売れしたモデルなのでアフターパーツも星の数ほどありますので、自分好みのカスタマイズも容易です。

何よりトヨタ品質というべき各所の造り込みが素晴らしい。

私の場合前車が他メーカーの比較的上級なクラスであったこともあり、プリウスに乗り換えた時は「ハイブリッドシステムにだけお金をかけていて、クルマ自体はスゴイ安っぽいんだろうなー」とあまり期待はしていませんでしたが、いい意味で裏切られました

スイッチの操作感や各収納部の扉の開き方、静粛性など、このクラスの車両でこの品質なら十分!と思わされるほどでした。

あくまでシンプルに見せ、安っぽく見せない演出は「これぞトヨタ流」を感じさせてくれるものでした。

これまでトヨタ車は何となく嫌いで乗ってこなかったのですが、いざ乗ってみるとこの品質にもヤラれてしまいます。

まとめ

以上、自分なりにプリウスの良いところをまとめてみました。

ハマる人は1回プリウスに乗ってしまうと他の車種への乗り換えを考えられなくなってしまうのではないか、というほどの魅力を持った名車であると言えます。

元F1レーサーの片山右京さんも、これに乗っちゃうと、世の中のクルマはコレ(プリウス)だけでいいんじゃないか?って思っちゃうととある番組で語っていました。

片山右京ほどのドライバーも唸らせるプリウス、恐るべし!

現行モデルの50プリウスは先代のネガティブな部分を徹底的に潰しておりさらに魅力的なクルマに仕上がっていると思いますが、自分の場合今乗っている30プリウスにそこまでの不満も無いですし、50プリウスはスタイリングが…。

30プリウスおすすめです!

いろいろ褒めましたが、プリウスについて気になるところや嫌いなところもあったりするので次回はその辺についても触れたいと思います。