自動車

【MLITFILTER/エムリットフィルター】聞いたこと無いエアコンフィルターのレビュー。

企業案件やステマではありません。

安いエアコンフィルターにありがちな落とし穴…。

amazonや楽天などの通販サイトには、エアコンフィルターだけでも色々な製品がされています。

中には聞いたことのないメーカーのものが、大手メーカーの半額ほどで売られていたりもします。

「どうせ消耗品だから、安いので充分だな」

そんなふうに、安さに釣られて飛び付くと失敗してしまうことも…。

無名の格安エアコンフィルターは避けた方が良い理由

  • ✕ 短期間で臭くなる
  • ✕ フィルター生地が薄い
  • ✕ 素材に機能性が無い
  • ✕ サイズが微妙に小さい、もしくは大きい

私も激安品を購入したことがありますが、交換して1ヶ月も経たないうちに酸っぱい臭いが発生しました。

これほどの短期間で臭くなったのは、後にも先にもその時だけです。

元々付いていたフィルターに比べて造りがペラペラで、寸法も微妙に小さかったです。

粗悪品は淘汰されたとしても、おそらくゼロにはならないでしょう。

なので、それ以降は名の知れた製品を選んで買うようになりました。

間違い無しの代表格である
デンソー製エアコンフィルター。
引用:デンソー

amazonでエアコンフィルターを買おうとしたら、変な製品が目にとまる。

ふと思い立ち、1年半ぶりにエアコンフィルター交換をすることに。

ここ数年、エアコンフィルターはモノタロウブランドの『エアコンフィルター 脱臭/抗菌/防カビ対応』と心に決めています。

デンソーより安いモノタロウ。不満無し。
引用:モノタロウ

しかし、モノタロウの配送料(税別3,500円以上から無料)がネックとなり、今回はamazonで別のフィルターを購入することに。

やっぱり安定のデンソーかな。…ん、なんだコレ?

エアコンフィルターとしては、明らかに異色な見た目。パッケージのデザインがアメコミ風です。

こんなインパクトある(クドい)エアコンフィルターは見たことがありません。

エムリットというメーカーの製品らしいです。

しかし、レビューを見ると☆4.4(5が満点)と高評価です。

気になったので、商品ページを一通り見てみることにしました。

製品の特徴について

 ■素材から加工まで全て国内製造。       

 ■一般的な製品の2倍の繊維量。        

 ■純正品と変わらぬ風量を確保。        

 ■『ミラクルファイバー』がPM2.5を引き寄せる。

 ■『マイティトップⅡ』が悪臭を抑制。     

メーカーロゴ、パッケージから商品説明文に至るまで、MADE IN JAPANの文字が並びます。

フィルター素材については、

ミラクルファイバー

マイティトップⅡ 

という2つの表記があります。

このエアコンフィルターは、機能性の異なる2つのフィルター素材を組み合わせているようです。

ミラクルファイバーとは?

繊維の断面が花びらのような形をしている、帯電加工を施したフィルター向けの素材。

静電気により微細物質を引き寄せる。PM2.5のような極小の粒子に対しても効果を発揮。

  • 一般的な繊維に比べ表面積が大きため、より多くの粒子を捕らえることができる。
  • 特殊な断面形状により、帯電性低下が少ない。

参考:大和紡績㈱サイトより

マイティトップⅡとは?

中空(パイプ)構造の繊維で、防ダニ機能を特徴とする。

繊維の1本1本がスパイラル形状をしており、主に寝具やソファなどの中綿素材として用いられる。

抗菌・防臭機能もあり、細菌を抑制し嫌な臭いの発生を防ぐ。洗濯しても効果が落ちにくいのも特徴。

参考:TEIJINサイトより

デンソー製フィルターとの比較

デンソー
クリーンエアフィルター
エムリットフィルター
チリ・ホコリ
(除去率65〜99%程度)

(除去率約100% ※1)
花粉
(除去率約99%)

(除去率約100% ※1)
PM2.5
(0.3μm以上に限る)

(除去率約30〜90%程度)

(除去率約100% ※1)
カビ
(除去率90〜99%程度)

(除去率約100% ※1)
抗菌
(18時間後の生菌数 1/100以下)

(SEK 抗菌防臭加工認証品 ※2)
防カビ
(JIS規格検査基準による)
防ダニ対応
(インテリアファブリックス
性能評価協議会 認定品※2)
抗ウイルス
(抗ウイルス剤塗布)
防排ガス臭
(アセトアルデヒド)

(ただしデータ確認できず)
○…対応 ✕…非対応
各種データはいずれも初期性能をあらわす。
※1…フィルター素材自体の初期性能
※2…認定・認証はフィルター素材に対するもの

デンソーの方はメーカーサイトから検証データの確認ができましたが、エムリットの方は記載が無いためデータ集めに苦労しました…。

※誤表記ありましたら、訂正コメントお待ちしております。

より多くの機能性を有するのはデンソー製ですが、エムリットも負けず劣らずといったところです。

個人的に注目したのは、組み合わせているフィルターの種類です。

●デンソー製は3種類 

●エムリット製は2種類

デンソーの方は「脱臭」のために活性炭入りのフィルター層がありますが、エムリットフィルターにはありません。

この点について、エムリットは以下のように説明しています。

エムリットフィルターに『活性炭』は含みません。

それは期待される効果が薄いと同時に効果が得られるのは、あまりに短期間だからです。

活性炭に一定の脱臭効果があることは間違いありませんが、アンモニア臭に有効です。

でも、そんな悪臭が貴方の周囲にありますか?

amazon商品ページより引用

さらにエムリットフィルターでは

市販の活性炭をフィルターの間に入れてみて脱臭効果をユーザーが体感できたら、フィルター購入代金を全額返金する。

※簡単なレポート提出の必要あり。詳細については、amazon商品ページ等で確認してください。

という強気な姿勢です。この辺のネガ潰しの手法は上手いですね。

価格について

デンソー製のフィルターもネット通販だとかなり安く手に入りますが、エムリットはさらに3割ほど安いです。

参考までに、最安値のエアコンフィルターも載せておきます。

amazonでの実売価格について
デンソー・クリーンエアフィルター1,785円
エムリットフィルター1,272円
最安値のエアコンフィルター998円

(2021年9月5日時点)

次ページ:実際に取り付けてみてのレビュー。

1 2