知識は可能性

【よく当たる占い】って、やっぱり現代では解明できない不思議な力を使ってるの?

まずは、下の画像をご覧ください

『マンソンジュの写し鏡』

上の画像には、異なる4つの記号が描かれています。

この中から1つだけ、あなたが気になったものを選んでみてください。

決して深読みをしたりせず、あなたの直感に従ってください。

どうでしょう?1つ選べましたか?

悩んだり、時間をかける必要はありません。なんとなく気になったものを選ぶだけです。

実はコレ、有名な性格診断テストです

このテストは、1940年にアメリカの心理学者であるジェームス・グスマンが考案した、「グスマン・テストと呼ばれるものです。

この研究の功績から、グスマンはアメリカ科学機構(United States Science Organization)の41代目の名誉会長に選ばれています。

心理学者 ジェームス・グスマン博士

このテストでは、上の画像の中からあなたが何を選んだかで、あなたの基本的な性格が分かってしまいます。

」を選んだあなたは
【情愛主義者】

あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。

あなたの願望にはやや非現実的なものもあり、その点においてはロマンチストな面もあるといえるでしょう。

」を選んだあなたは
【自由主義者】

あなたはある程度の変化や多様性を好み、制約や限界に直面したときには不満を抱きます。

あなたは使われず生かしきれていない才能をかなり持っており、本人もまたそれを自覚しています。

」を選んだあなたは
【個人主義者】

あなたは独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはありません。

ただし、正しい判断や正しい行動をしたのかどうか疑問を持つときがあります。

」を選んだあなたは
【規律主義者】

外見的には規律正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になる傾向があります。

しかし、あなたは他人に自分のことをさらけ出しすぎるのも賢明でないことにも気付いています。


あなたはこれを読んでどう思いましたか?

とても簡単なテストのはずですが、意外と的確に言い当てているのではないでしょうか?

このような精度の高い心理テストが、80年以上も前に考案されていたという事実に驚いてしまいます。

なぜか当たる、そのワケとは?

しかし、ここである1つの疑問が浮かびます。

なぜ記号を選ぶだけで、性格が分かってしまうのでしょうか?

実はこのテスト…単に記号を選ばせているように思えますが、ポイントは別のところにあります。

このテストでは、記号の「位置」を選択させ、その結果に基づき性格を分類しているのです。


つまり…上の①〜④のうち、どのエリアに意識が向くかで、その人の持つ特徴を判断しているということになります。

と言っても、これだけじゃ何のことやらさっぱり分かりませんね。

今回は「よく当たる」と評判のグスマン・テストの全貌を解き明かそうと思います。

なぜ当たるか不思議に思われた方は、記事を最後まで読んで頂ければ幸いです。

私がズバッと
解決してみせよう!

グスマン・テストのカラクリ

グスマン・テストの正体は、この記事を読み進めるにつれて徐々に明らかになります。

オカルト系・スピリチュアル系が苦手な人には少し苦痛かもしれませんが、しばしお付き合いください。

言霊と念のチカラ〜宇宙の真理〜

グスマンは心理学の研究をする傍ら、熱心な言霊(ことだま)信仰者でもありました。

言霊とは、言葉に宿ると信じられた霊的な力のことをいいます。

全てはつながり、また一体となる。
ジェームス・グスマン著
『宇宙からの波動』より

言霊には念が込められています。

自らが発した言霊は、他者に影響を与えます。逆もまた然りです。

これを説明するのに、一番分かりやすいのが「いじめ」の問題です。

相手を傷つけようとする意思を持って言葉をぶつけた場合、それを受け取る側の心は強く傷付くことになるのです。

平成30年度における、全国の小中高校で発生したいじめの件数は54万3933件にも上ります。(文科省発表)

いじめの認知件数の推移 
引用:ニッポンドットコム

いじめはテクノロジーの発達に比例するように、その深刻さの度合いが高まってきているように思えます。

昨今問題視されている、SNSによるいじめがその代表的な例でしょう。

言葉は「文字」になっても、さらには「電気的信号」に変換されたとしても、込められた念が消えることはありません。

念はインターネットを介しても、受け手の心に届くのです。

その証拠に、面白いものをお見せいたしましょう。

謎を解くためのカギ〜私からのスピリチュアル・メッセージ〜

下の画像はグスマン・テストを紐解く上で、重要なカギとなるものです。

まだスピリチュアリズムに出会われていない方々には、にわかには信じがたいかも知れませんが…。

この画像には私が今、最も伝えたいメッセージを込めました。

これが見えた時、あなたは新たな自分と出逢うことになるはずです。

『ブジーアの漆黒』
この画像から何を感じとれますか?

一見、真っ黒なだけにも見えますが、画像からは念が発信し続けられています。

ある種の修行トレーニングを積まれている方なら、私の言霊がはっきりと見えると思います。

敏感で繊細な心の持ち主などにも気付いてもらえるかも知れませんね。

先にも述べた通り、電気信号(光)となってもなお、念は生き続けます。このことは、宇宙の真理とも深く結びついています。

途方も無く広大な宇宙にあって自らのメッセージを伝達するため手段としては(時速約30万Km/秒の)光が最も優れたエネルギーとなります。

※宇宙などの真空状態では光の速度は更に高まります。その速度なんと、秒速2億9979万2458m

太陽からの温もりを私達が肌で感じられるように、念は宇宙の彼方からも絶え間なく降り注いでいます

さぁ、一緒に宇宙からの波動を感じてみませんか?

この画像からはアセンションに必要な
良いイメージが溢れています。
見ているだけで心地良い感じがしませんか?

「全然見えないんだけど」という貴方へ

ここからが本題となるわけですが、この先いくら私が解説を重ねたとしても、何も見えなければ説得力に欠けてしまうというもの。

ですが、画像から何も受け取れなかった方にも、ぜひ私のメッセージを受信して頂きたいのです。

ポイントを簡単に解説していきますので、見えなかった方は再チャレンジしてみて下さい。

まずは深く深呼吸をして、身体の力を抜いて下さい。

どうでしょう、リラックス出来ましたか?

それでは今一度、下の画像を見てみましょう。

注目すべきポイントを丸印で示しています。

黄色の丸で囲ったところに意識を集中させましょう。

どうですか?見えましたか?

浮かび上がった文字が、グスマン・テストの正体です。

「どうしても見えない…」そんな貴方へ

ここまで解説しても「何も感じ取れない」という人は、魂のステージが低いのかもしれません。

少しだけフォローさせて頂くと、見えないのは全然恥ずかしいことではありません。

チャクラを上手くコントロールしながらピントを合わせられるようになれば、誰でも必ず見えるようになるはずです。

より鮮明に可視化できるように、念を強く込めてみましょう。

さらに、先ほど丸印で示した部分をグッと拡大してみます。

どうですか?

これなら見えますよね!?

そうです、これまでのお話はインチキです。

だぁっはっはっはぁ〜www

つまり、どういうことか?

ここまで読んで頂いた方は、私のことを「キモい」と感じるはずです。

これまでの話は真っ赤な嘘となります。

ジェームス・グスマンなんて人物もいませんし、グスマン・テストなんてのも実在しません。すべて私の創作したウソ話です。

言霊だの、だの、宇宙からの波動だのといった胡散臭いスピリチュアル的な話も、私が頭を悩ませながら「それっぽく」書き上げたものとなります。

いじめの件数や光の速さは
実際に調べた“本当”の数字です。

占いがよく当たるのは「バーナム効果」を使っているから

グスマン・テストは私の完全な作り話です。

ただ、ここである疑問が生まれます。

作り話は良いとしても、「なぜ、性格診断そのものは当たっているのか?」という点です。

初めに言っておきますが、私は占い師ではありません。というか、占い師は胡散臭いので嫌いです。占いも信じていません。

ただの虚言癖だと思ってます。

では…私はなぜ、あなたの性格を言い当てることができたのでしょうか?

私があなたの性格を言い当てたのは、「バーナム効果」を使っているからです。

バーナム効果とは?

星座占いなど個人の性格を診断するかのような行動が伴うことで、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分、もしくは自分の属する集団だけに当てはまる性格だと捉えてしまう心理学の現象。

ポール・E・ミール

1956年にアメリカ合衆国の心理学者であるポール・ミールが、 興行師であるフィニアス・バーナムの「誰にでも当てはまる要点というものがある」という言葉に因んで名付けた

フィニアス・T・バーナム

バーナムは、フェイクテイメントを普及させたアメリカの興行師。それまで誰も見たことのない見世物と得意のホラ話を武器に、稀代のショービズマンとして成功を収める。映画『グレイテスト・ショーマン』のモデルである。

簡単に言うと、誰にでも当てはまるような事柄を「性格診断」と言って相手に伝えると、相手は自分の性格が言い当てられていると信じ込んでしまうというもの。

バーナム効果はかなり強力です。

ポイントさえ押さえれば、誰でも相手を上手く丸め込むことが出来てしまいます。

効果を裏付けるものとして有名なのが、「フォアの実験」です。

フォアの実験とは?

「バーナム効果」という言葉が生まれる8年も前のこと。

アメリカの心理学者である、バートラム・フォアが 1948年に行った実験

バートラム・F・フォア

自らが教える学生たちを対象に「心理検査およびその検査の結果に基づく分析」と称して、すべての学生に全く同じ文を与えた

文の内容は、星座占いに書かれていたことを組み合わせただけのものであった。

フォアは学生たちに分析がどれだけ自分にあてはまっているかを0(まったく異なる)から5(非常に正確)の段階でそれぞれに評価させた。

このときの平均点は4.26であった。

つまりこの実験では、「かなり正確である」と学生たちに信じ込ませることに成功している。

この研究により、バーナム効果は「フォアラー効果」と呼ばれたりもする。

※本記事では「バーナム効果」で統一します。

私の作り話である「グスマン・テスト」もバーナム効果を使いながら、いかに読み手に診断結果を信じ込ませることが出来るかを念頭に書き上げています。

グスマン・テストの正体

グスマン・テストでは【○○主義者】といういう風に、性格を大きく4つに分類しています。

【情愛主義者】の場合だと…

あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。 あなたの願望にはやや非現実的なものもあり、その点においてはロマンチストな面もあるといえるでしょう。

こんな感じの解説でしたね。

これを読んで「めっちゃ分かる!」と納得してしまった人も少なくないでしょう。

ただし、ここで悲しい事実をお伝えしなければなりません。

それは、あなたが本質を全然分かっていない人間だということです。

この文章は、性格占いでよく聞くようなフレーズを、私が適当にピックアップして羅列したただけのものだからです。

※診断結果については、「フォアの実験」において実際に使われたフレーズを引用して作りました。トータル10分くらいで出来上がりました。チョロいもんです。

残念ながら、これをまんまと信用してしまったあなたは、世にはびこるインチキ占い師や、吸血ヒルのようなペテン詐欺師の絶好のカモでしかありません。

もしも、私が書いたスピリチュアル話を少しでも真に受けてしまった人がいるならば、その人は特に要注意です。

  • 病気が治る水
  • 邪気を浄化してくれる塩
  • 幸運を招き入れるブレスレット

これらをボッタクリ価格で購入している未来が想像できます。

あなたは搾取されるためだけに生まれてきたのではないのです。早く目を覚ましてください。

投資をするなら今がチャンスですよ☆(本当に儲かるなら、オメーになんか話すわけあるか)

バーナム効果を使えば、あなたも占い師

性格占いでよく聞くようなフレーズというのは、誰にでも当てはまるようなことを言っているに過ぎないのです。

この点を意識した上で、いま一度【情愛主義者】の診断結果を見てみましょう。

あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、(好かれたくない、称賛されたくないと思う人はいない)それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。(人間は悩む生き物である) あなたの願望にはやや非現実的なものもあり、(願望なので、そりゃ多少はある)その点においてはロマンチストな面もある(ロマンチストな面が皆無な人はいない)といえるでしょう。

どうでしょうか?

冷静にみると、当たり前の事しか言っていませんよね。

これは、残る3つのタイプ【自由主義者】・【個人主義者】・【規律主義者】にも言えることです。

さらに言うと、それぞれの解説文を入れ替えて【○○主義者】の部分にそれらしいネーミングをつけるだけで、それを読んだ人は自身の性格を覗き見られたような錯覚に陥ります。

この手法を使えば、いくらでも自分流の性格占いが作れてしまいます。

私は、血液型占いと同じ「4タイプ」に分類しましたが、誰にでも当てはまるような文章さえ書ければ「動物占い」などのようにバリエーションはいくらでも増やすことが可能です。

ネーミングセンスとアイデア次第でオリナリティあふれる(ように見える)性格占いが出来るので、あなたも大ブームを巻き起こすような占いを生み出すことが出来るかも知れません。

あなたは【ライオン】。「百獣の王」と言われるように、時として完璧を求めるところも。

当たる占い師、当たらない占い師の違いは?

世の多くの占い師や詐欺師のポテンシャルなど、たかが知れています。

しかし、いつの時代も彼らのことを信じてしまう人が一定数居るのもまた事実。

占い師や詐欺師のレベルは千差万別です。

向こう何年間かは予約待ちみたいな売れっ子占い師や、大企業相手に数十億円騙し取る天才詐欺師がいる一方で…

占い師の師匠に授業料という名目でお金を搾り取られる占い師見習いや、騙すつもりが逆に騙されてしまうようなマヌケ詐欺師もいます。

なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?

占いや詐欺で飯を食っているような、いわゆるプロには秘策があるのです!

騙せるから、続けられる。

バーナム効果を最大限に高める「3つの制約」

「人を騙す」には、いくつかポイントがあります。

ここからは、その3つのポイントについてみていくことにしましょう

  1. 被験者が評価者の権威を信じている
  2. 被験者がその分析は自分にだけに適合すると信じている
  3. 分析が前向きな内容ばかりである

「フォアの実験」を基に行われたその後の実験により、上記のポイントを押さえることで、被験者はテストの正確さにより高い評価を与える事がわかっています。

この3つの条件について、順番にみていくことにします。

制約① 被験者が評価者の権威を信じている

  • ○○協会も推奨!
  • ○○医師(博士)監修!
  • 女優の○○さんも愛用!
  • 顧客満足度No.1!

このような広告のキャッチコピーを、皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか?

これが権威付けです。

人間は肩書に弱い生き物です。私たちは「立派な肩書を持つ人間(または商品)は素晴らしいに違いない」と無条件に結論付けてしまうような習性があるのです。

本来、人の信用を得るのは難しいことのはずなのですが、権威付けをすることにより短期間で信用を勝ち得ることが出来てしまいます。

このように、イメージだけで人や物を評価してしまう現象を、心理学では「ハロー効果」といいます。

詐欺師が虚偽の経歴を語ったり、嘘の名刺を差し出したり、「有名人とつながっている」ことを匂わせたりするのも、ハロー効果による権威付けで効率良く相手の信用を得ようとしているからなのです。

わたしも愛用してます♡

制約② 被験者がその分析は自分にだけに適合すると信じている

「多勢に無勢」という言葉があるように、対象の数が多いほど騙すのは難しくなります。

バーナム効果を最大限利用したいのであれば、ターゲットは1人に絞らなければいけません。

占い師も詐欺師も、基本的にはマンツーマンでコミニュケーションをとりたがります。その方が成功率が上がるからです。

特に占い師などは、占い相談所という自分のホームを構え、予約した相手が来るのを待ち受けるというスタンスをとっています。

対象者を絞ることができたり、入念な下準備が出来るようなシステムになっているのです。

この他に、占いの条件付けが厳しければ厳しいほど、人は信じてしまう傾向があるとも言われてます。

制約③ 分析が前向きな内容ばかりである

嫌なことを言われるよりも、耳触りの良いことを言われたほうがどうしたって嬉しいもの。

こと占い師と詐欺師は褒めるのが上手なようです。

占い師の主な顧客は悩みを抱えた人達です。

詐欺師のターゲットは、話し相手を欲する高齢者だったり、普段褒められることの少ない専業主婦など、淋しさを抱える人達です。

そんな人達はある種の救い」を求めているのです。

通常の心理状態ならばお世辞と捉えられるような褒め言葉も、心が疲れている人にはとても心地が良いものです。

加えて、「私ならあなたをわかってあげられる」という風に振る舞うことも、褒めるのと同じくらい大事なこととなります。

共感が人の心を開くのです。

そーね、そーね。
辛かったよね、悲しかったよね。うんうんうんうん。

バーナム効果を知っておいて損はない

バーナム効果を最大限有効に使うためのポイントを押さえることで、占い師や詐欺師は、大物政治家や有名タレント、資産家でさえも手玉にとる事が可能になるのです。

さぁて、今日もテキトー
ぶっこくぞー

胡散臭いことは間違いないですが、言ってることは意外とタメになるような気がします。

最後に一つ強調しておきたいのが、バーナム効果をはじめとした様々な心理効果・テクニック自体の存在が『悪』であると言いたい訳ではないということです。

バーナム効果は、あくまでコミニュケーションスキルの一つに過ぎません。

使い方によっては、人間関係を円滑にしたり、争いを解決したりできる効果でもあるのです。

ビジネスの場においても上手く使いこなせれば、きっと役に立ってくれるでしょう。

反面、相手を騙したり、信じ込ませたりする手法にもなり得ます。

バーナム効果について知ることで、あなたの身に迫りくる危険を少しでも回避することが出来るようになるかも知れません。

ちなみに、マンソンジュはフランス語でブジーアはイタリア語。どちらも「嘘」という意味なんじゃ。

もしも今回の記事が、その役目を果たす事ができたなら幸いです。

と、堅苦しい話はここまでにして。

みなさんも、家族や友達にこの記事を見せて、グスマン・テストを受けてもらいましょう!

きっと楽しい結果になるはずです。