アイデア・役立つ知識

フリードスパイク(GB3/4)に純正リアスピーカーを増設する

フリードスパイクのリアスピーカー増設は簡単!

フリードスパイクは、フロントの2スピーカー仕様が標準のようです。

フロント・リアの4スピーカー仕様はオプション扱いとなっています。

ただし元々2スピーカー仕様の車両でも、4スピーカー仕様にするのはとても簡単です。

しかもリアスピーカーの位置はちょうど頭の高さと一緒くらいなので、きれいに音が鳴ります。

中古のスピーカーであれば2000円前後で取り付けられるので、費用対効果もバツグンです。

ポイントは「純正スピーカーを選ぶ」こと

フリードスパイクの場合、リアスピーカーが無くても配線はリアの方までしてあります。

配線の端末はカプラなので、ホンダの純正スピーカーであれば加工ナシで取付可能です。

30分もあれば、自分で簡単に取り付けられます。

もちろん社外スピーカーも取り付けられるのですが、配線を変換したり、別売りの取付キットを買ったりしなければなりません。

特にこだわりが無ければ、純正スピーカーを選んだ方が絶対に良いと思います。

リアスピーカーが増えるだけでも、音の印象はだいぶ良くなります。

ちなみに同時期に販売されていた下記の車種ではスピーカーが共通のようです。

●フリード(GB3/4)

●ステップワゴン(RK1)

●フィット(GE6/7)

●インサイト(ZE2)

私はフリマアプリでステップワゴン用の中古スピーカーを購入しましたが、問題なく取付けできました。

取り付けする前に…

準備するもの

●内張り剥がしセット


●作業手袋(薄手でグリップの効くもの)

●プラスドライバー


作業手順について

リヤスピーカーのパネルを外す

リヤスピーカー無しの車両でも、スピーカーパネルが付いています。

内張り剥がしを使い、これを外していきます。

私は後部座席に近い方(画像だと左側)から外していますが、リアハッチ側の丸で囲った部分から外したほうが楽に外せます。

間違った外し方ですが、なんとか壊さずに外せました。

外したパネルの裏側を確認してみると、リアハッチ側(黄色の丸)のツメから外していき、最後に後部座席側(赤色の丸)のツメを外す構造になっていました。

無理に外していたら、壊していたかもしれません。

スピーカー取付枠のスポンジを剥がす

スピーカーには防音(共振防止)のためと思われるスポンジが貼られています。

スピーカーを取り付けるために、このスポンジを剥がしていきます。

手でベリベリと剥がしていきます。

スピーカー配線のカプラがスポンジの裏にくっついていますので、断線させないように注意しながら作業します。

スポンジ取りはこれ位でOKにしました。

スピーカーを取り付ける

スピーカーにカプラを接続します。

接続したら音が鳴るか確認しておきます。

問題なく音が出たので、スピーカーを固定します。

ネジ1本のみで固定するようになっていました。

パネルがちゃんと閉まるように、最後まできっちり締め込みます。

パネルを戻す

パネルを外したときとは逆に、後部座席側からはめ込んでいきます。

反対側も同様の手順で取付ける

もう片方のスピーカーも同様のやり方で取り付けて作業完了です!