アイデア・役立つ知識

【知らなきゃ損!】毎月届く「公共料金の領収書」ってどう処理するのが正解なの?

この記事はこんな人におすすめ

✔ 光熱費の領収書が捨てられない

✔ 領収書の扱いに困っている

その昔、古代ギリシャの市民は「歩きながら」哲学的な考えをめぐらせていたそうです。

なんでも、ひらめきが生まれやすくなるんだとか。

スタンフォード大学で行われた実験では

  • 座ったままのグループ
  • 歩きながらのグループ

で、創造性に2倍近い差があったという結果も出ています。

そんなわけで…なのかはわかりませんが、朝にウォーキングをしていた時に、ハッと閃きました。

今回は【公共料金の領収書の正しい処理】について解説します。

「使用量のお知らせ」をとっておく必要性について。理由は大きく2つあった―

自宅のポストには毎月、電気・ガス・水道の「使用量のお知らせ(請求書/領収書)」が届きます。

「保管しなければならない」といった法律やルールはありませんが、とっておく人が多数派だとおもいます。

かくいう私も、今までずっと保管してきました。

なぜ、義務があるわけでもないのにとっておく必要があるのでしょうか?

メリットその1: 家計の参考になるから

光熱費は、毎月必ず発生する支出です。

家計に与える影響としては決して小さくありません。

1ヶ月に電気・ガス・水道代をそれぞれ1,000円ずつ削減できれば、1年で計36,000円もの節約になります。

「使用量のお知らせ」をとっておけば、過去の使用量との比較ができます。

去年の夏よりも電気代が高いわ。

エアコンの設定温度を見直さなきゃ。

「使い過ぎに気をつけよう」という心理的な抑制効果も多少は期待できるはずです。

うーむ、前月と比べて使い過ぎているな。

少し気をつけよう。

メリットその2:イザという時の証明書に使えるから

公共料金の領収書には、節約という目的以外にも使い道があります。

以下の2つの場面で、証明書として使うことができます。

1つめのケースは、過払いや誤請求が発生した場合の証明書として…

たとえば水道料金があまりにも高額だった場合、水道局に異議申し立てをするための証明書になります。

2つめのケースは、住所確認のための証明書として…

(引っ越しなどの理由で)身分証に記載の住所と現在の住所が異なる場合、本人確認のための「補助書類」として利用することができます。

どうやって保管すればいいの?整理の方法について―

この手の領収書を整理するのは、意外と大変だったりします。

電気・ガス・水道だけに限っても、1年間で計36枚も発行されます。

  • 引き出しやケースに放り込む
  • クリップでまとめる

ただとっておくだけでは、後から振り返りたい時に、探すのだけで一苦労です。

どんどん溜まる。

奇人変人でもない限り、あんな用紙を好んで読みたがる人など存在しません。

散らかったら最後、もう見返すことはないのです。

積極的に読みたいようなものではないので、せめて少しでも読みやすくする必要があります。

ではどうやって保管すればいいのか?

紙の領収書を保管したい場合は、ファイルに綴るのがベストです。

使用量のお知らせは不定形サイズなので、専用のファイルを探すのは大変です。

そんなときはコピー用紙に糊付けしてしまえば、A4ファイルに綴ることができます。

余白部分に大きく「◯月分」などのタイトルを付けてあげると、さらに見やすくなります。

この方法で整理すると、領収書がバラバラになりませんので、目当てのものが探しやすいです。

ファイルだと本棚に収納できるので見た目もスッキリです。

次ページ:今まで使ったことが無ければ、捨てて良し!

1 2