生活

毎月届く【公共料金の領収書】って、どう処理するのが正解なの?

この記事はこんな人におすすめ

✔ 光熱費の領収書が捨てられない

✔ 領収書の扱いに困っている

その昔、古代ギリシャの市民は「歩きながら」哲学的な考えをめぐらせていたそうです。

なんでも、ひらめきが生まれやすくなるのだとか。

スタンフォード大学で行われた『ギルフォードの創造性テスト』では

  • 座ったままのグループ
  • 歩きながらのグループ

で、創造性に2倍近い差があったという結果も出ています。

そんなわけで…なのかはわかりませんが、私も今朝ウォーキングをしていたときにナイスアイデアが浮かびました。

隣の人かわいい〜
(´∀`∩)↑age↑

古代ギリシャ人のように「真理とは?」という壮大なテーマではなく、もっと個人的なものです。

今回は「公共料金の領収書の正しい処理」について解説します。

人はなぜ「使用量のお知らせ」をとっておくのか?

自宅のポストには毎月、電気・ガス・水道の「使用量のお知らせ(請求書・領収書)」が届きます。

必ずしも保管しておく必要は無いですが、なんとなくとっておく人もいるでしょう。

かくいう私も今までずっと保管してきました。

なぜ、とっておくのか?理由は大きく2つあります。

理由1 光熱費を節約するため

光熱費は毎月の固定費として必ず発生しますが、減らすことのできる支出ではあります。

1ヶ月に電気・ガス・水道代をそれぞれ1,000円ずつ削減できれば、1年で計36,000円の節約になります。

家計に与える影響としては決して小さくありません。

「使用量のお知らせ」をとっておけば今月分を把握できるだけでなく、過去の使用量と比較することもできます。

「使い過ぎに気をつけよう」という心理的な抑制効果も多少は期待できるでしょう。

うーむ、前月と比べて使い過ぎているな。

少し気をつけよう。

去年の夏よりも電気代が高いわ。

クーラーの設定温度を見直さなきゃ。

理由2 いざという時の証明書として

公共料金の領収書には、節約という目的以外にも使い道があります。

下記に示す2つのケースにおいて、証明書として使うことができます。

1つめのケースは、過払いや誤請求が発生した場合の証明書として…

たとえば水道料金があまりにも高額だった場合、水道局に異議申し立てをするための証明書になります。

2つめのケースは、住所確認のための証明書として…

引っ越しなどが理由で、身分証に記載されている住所と現状の住所が異なる場合、本人確認のための「補助書類」として公共料金の領収書が利用できます。

公共料金の領収書を保管しておくメリット

  • 使用量が把握できる
  • 過去の料金と比較できる
  • 過払いや誤請求があった時の証明書になる
  • 住所確認の証明書になる

ただとっておくだけではダメ

領収書を整理するのは大変です。

電気・ガス・水道の「使用量のお知らせ」だけでも、1年間に計36枚も発行されます。

ただとっておくだけでは、どんどん溜まっていく一方です。

ぐっちゃぐっちゃになりがちです
  • 引き出しやケースに放り込む
  • クリップでまとめる

これらのような保管方法では、後から振り返りたいときに探すのだけでも一苦労です。

奇人変人でもない限り、あんなペラペラの面白くない用紙を好んで読む人など存在しません。

つまり散らかったら最後、もう見返すことはありません。

ではどうやって保管すればいいのか?

ワタシに綴じてくださ〜い

結論を言うと、紙の領収書はファイル保管するのがベストです。

私の場合は、以下の方法で行っていました。

①A4用紙に糊付けする

②余白に「○月分」と書き込む

③ファイルに綴る

この方法で整理すると、領収書がバラバラになりませんので、目当てのものが探しやすいです。

ファイルだと本棚に収納できるので見た目もスッキリです。

必ずしもファイルに綴る必要はありませんが、残しておくなら後から使いやすいようにしておきましょう。

そう、本当に必要なら…

次ページ:今まで使ったことが無ければ、捨てて良し!

1 2