おすすめ製品&サービス

「片付けられない人」の特徴・原因と、効果的な解決策を解説

あなたの周りに「片付けられない人」っていますか?

もしくは、あなた自身が「片付けられない人」だったりしませんか?

この記事では、そんな片付けられない人の特徴や問題、原因を徹底解説します。

習慣や性格、病気や遺伝、さらには環境がどのように影響しているのかについても考察していきます。

さらに、悩める片付けられない人に向けて、効果的な解決策やプロのサービス活用方法も紹介します。

片付けられない悩みを抱えるあなたも、この記事を読むことで一歩前進できるかもしれません。

ぜひ、新たな視点で片付けの問題に取り組んでみましょう!

この記事の目次
  1. 「片付けられない人」の定義と問題点について
  2. 片付けられない人、その特徴と原因について
  3. 「片付けられない人」と「捨てられない人」の違いは?
  4. 「片付けられない人」にまつわる雑学
  5. 「片付けられない」は治る?
  6. 「片付けられない」を本気で治したい!
  7. 改善をサポートしてくれる機関について
  8. 改善や治療とは異なるアプローチもある
  9. 今回のまとめ

「片付けられない人」の定義と問題点について

「片付けられない人」ってどんな人?

「片付けられない人」には、典型的な特徴がみられます。

下記のうち1つでも当てはまる人は、「片付けられない人」の可能性があります。

あなたもぜひチェックしてみてください。

片付けられない人の特徴

1. 自分の持ち物や環境を整理整頓できない状態が続く人

2. 何度片付けてもすぐに散らかってしまう人

3. 物を捨てることが難しく、不要なものが溜まってしまう人

4. 自分で片付ける意欲や能力が低い人

このような人たちは自分の生活空間を整理整頓することが出来ないため、持ち物や環境が散らかったままであるケースが多いです。

この状態が長期化すると、生活の質や効率に悪影響を与えることがあります。

さて、あなたはどうでしょう?

片付けが出来ないと、なにが問題なの?

片付けが出来ないと、さまざまな問題が起こる可能性があります。

以下に主な問題を挙げてみます。

片付けられないと起こる問題

1. 生活の効率が低下

物が散らかっていると、必要なものをすぐに見つけられなかったり、作業スペースが狭くなったりすることで、日常生活の効率が低下します。

2. ストレスの増加

散らかった環境は、心身のストレスを引き起こすことがあります。また、片付けることを常に気にかけているができないことで、自己評価が低くなることもあります。

3. 健康問題

衛生面が悪化すると、アレルギーや感染症のリスクが高まることがあります。また、転倒やケガの原因にもなります。

4. 人間関係への影響

家族や友人が自宅を訪れることが難しくなり、孤立することがあります。また、同居家族との間に緊張や摩擦が生じることもあります。

5. 経済的損失

不要な物を処分できず、新しい物を買い続けることで経済的な負担が増えることがあります。また、散らかった状況で物が壊れたり、紛失して買い替える必要が出たりすることもあります。

6. 時間の浪費

片付けられない状況では、物を探す時間が増えることで、時間を無駄にすることがあります。

これらの問題はすぐには表面化しないため中々気付きにくいですが、慢性化すると深刻な状況に陥りがちなので、できるだけ早期に対処することが重要です。

逆に片付けを始めることで、生活環境や心身の健康が改善されることも充分ありえます。

https://frost-village.com/%e6%9c%8d%e3%81%af%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%82%80%e3%81%aa/

片付けられない人、その特徴と原因について

片付けられない原因は?

片付けられない原因は、個人差こそありますが、一定の共通する原因というものがいくつか存在します。

片付けられない主な原因

1. 時間管理が苦手

片付けられない人は、時間をうまく管理できず、物事を先延ばしにしてしまう傾向があります。

2. 集中力が低い

片付けを継続して行うためには、一定の集中力が必要ですが、片付けられない人は集中力が低く、すぐに別のことに気が散ってしまいます。

3. 優先順位付けができない

何から手を付けるべきかを決められず、結果的に何もできないまま時間が過ぎてしまいます。

4. 完璧主義

完璧に片付けようとするあまり、逆に手を付けられなくなってしまうことがあります。

5. 感情的な価値を持たせる

物に対して感情的な価値を持ちすぎるため、捨てる・片付けることが難しくなります。

6. 習慣がない

定期的に片付ける習慣が身についていないため、どんどん物が溜まってしまいます。

7. ストレスや疲れ

ストレスや疲れが溜まっていると、片付けに取り組む意欲やエネルギーが減少します。

これらの特徴がある人は、傾向的に片付けが苦手であるケースが多いです。

複数の項目に当てはまる場合は特に注意が必要です。片付けられない要因が絡み合っているため改善までの道のりが困難となることを覚悟しましょう。

ただし、これらはあくまで一般的な傾向であり、すべての人に当てはまるわけではありません。

https://frost-village.com/%e7%9a%bf%e6%b4%97%e3%81%84%e3%81%af%e4%ba%ba%e3%81%8c%e3%82%84%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84/

病気や遺伝も関係する?

病気や遺伝も、片付けられないことに関係している場合があります。

主な例として、以下にいくつかの可能性を挙げておきます。

遺伝や病気との関連について

1. ADHD(注意欠陥多動性障害)

ADHDは、注意力の欠如、衝動性、過活動が特徴であり、これらの症状が片付けの難しさにつながることがあります。

2. OCD(強迫性障害)

強迫性障害は、反復的な強迫的な行動や思考が特徴であり、片付けに影響を与えることがあります。例えば、完璧主義や汚染恐怖症がある場合、片付けが難しくなることがあります。

3. 抑うつ症状

抑うつ症状がある場合、エネルギーが低下し、日常生活に対する興味喪失が起こります。これにより、片付ける意欲やエネルギーがなくなることがあります。

4. 遺伝的要因

家族内で片付けが苦手な人が複数いる場合、遺伝的な要因が関係している可能性があります。

これらの病気や遺伝的要因は、片付けられない原因となることがありますが、適切な治療やサポートを受けることで、状況を改善することができます。

また、片付けが苦手な人が必ずしも病気や遺伝的要因によるものではないことに注意が必要です。

https://frost-village.com/%e3%80%90%e5%bc%b7%e8%bf%ab%e6%80%a7%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%80%91%e7%9c%9f%e9%9d%a2%e7%9b%ae%e3%81%a7%e5%84%aa%e3%81%97%e3%81%84%e4%b8%8a/

「片付けられない人」と「捨てられない人」の違いは?

似たようなタイプの人を指して「捨てられない人」と言ったりもしますが、はたしてどうでしょうか?

片付けられない人と捨てられない人を比較してみた場合、いくつかの共通点と相違点があることがわかりました。

ただし、捨てられない人も片付けられない人も、問題を改善するためには自分の状況を認識して、適切な対策を講じることが重要なのは変わりません。

「片付けられない人」と「捨てられない人」の共通点

1. 生活空間が散らかっている

どちらのタイプの人も、生活空間が散らかっていることが一般的です。

2. 効率的な生活が難しい

物が散らかっていたり、不要なものが多いことで、日常生活の効率が低下します。

3. ストレスや不安

どちらのタイプの人も、散らかった環境や物の多さがストレスや不安の原因となることがあります。

4. 片付けや整理に対する苦手意識

どちらのタイプの人も、片付けや整理に対して苦手意識を持っていることが一般的です。

「片付けられない人」と「捨てられない人」で異なる点

捨てられない人は、物に対して感情的な価値を持ちすぎる傾向があり、不要なものを捨てることが難しいです。

一方、片付けられない人は、物の整理整頓が苦手であるため、散らかりがちですが、必ずしも物を捨てられないわけではありません。

捨てられない人は、過剰な物の蓄積が問題となることが多く、場合によってはゴミ屋敷や収集癖といった状態になることがあります。

一方、片付けられない人は、物が散らかっているだけで、必ずしも過剰な物の蓄積があるわけではありません。

https://frost-village.com/%e3%80%90%e6%80%92%e3%82%8a%e3%81%af%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%80%91%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%81%a4%e3%81%8f%e6%99%82%e3%81%ab%e6%8d%a8%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%81%b9%e3%81%8d%e7%89%a95%e9%81%b8/

「片付けられない人」にまつわる雑学

片付けの能力と年収は比例する?

片付けのスキルと年収が必ずしも比例するわけではありませんが、片付けのスキルが仕事や日常生活においてプラスの影響を与えることはあります。

片付けによるプラスの影響

1. 生産性が上がる

効率的な片付けスキルを持っている人は、環境が整理されているため、仕事の効率や生産性が向上する可能性があります。

2.集中力が高まる

ストレスが軽減され、仕事に集中しやすくなることも考えられます。

片付けのスキルを向上させることで、より快適な環境で働くことができ、仕事に対するポジティブな影響は期待できるでしょう。

ただし、年収というものは、職業、経験、スキル、業界、地域など、さまざまな要素が影響します。片付けのスキルは、その中の一つの要素にすぎません。

片付けスキルが高いからといって、必ずしも高年収につながるわけではありません。

また、片付けのスキルが低い人でも、他のスキルや専門知識が高いために高年収を得ている場合もあります。

したがって、年収に影響を与える要因は多岐にわたるため、片付けのスキルと年収が一概に比例するとは言い切れません。

片付けられないことが、プラスに作用することってある?

片付けられないことがプラスに働くシチュエーションは珍しいですが、いくつかの可能性があります。

「片付けられない」によるプラスの影響

1. 創造性の発揮

一部の人々は、物が散らかっている環境で創造性が刺激されると感じることがあります。無秩序な状況は、新しいアイデアやインスピレーションを生み出す場合があります。

2. 柔軟性と適応力を育む

片付けられない人は、状況や環境の変化に対して柔軟で適応力があることがあります。完璧な環境を求めず、その場で対処できる能力があることが、ビジネスやチームでのコラボレーションにおいてプラスになることがあります。

3. 新たな価値観の発見

片付けられない状況が続くことで、自分が本当に大切にすべきことや優先順位を見直すきっかけになることがあります。これによって、自分の価値観や目標を再評価することができる場合があります。

ただし、一般的には、片付けられないことがストレスや生産性低下などのマイナス面をもたらすことが多いです。

プラスの面がある場合でも、その効果が継続的に持続するわけではないため、適度な整理整頓の習慣を身につけることが望ましいです。

https://frost-village.com/%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%84dm%e3%80%81%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%89/

有名人に片付けられない人はいる?

有名人も人間であり、片付けに関する悩みや問題を抱えていることは十分に考えられます。

しかしながら、有名人の多くは、アシスタントや家政婦など自分の生活をサポートする人がいるため、片付けに関する問題が外部に露出することが少ないです。

片付けが苦手な人はもちろんいるでしょうが、それが必ずしも公にされることはないため、具体的な例を挙げるのは少し難しいです。

ですが、歴史上の偉人や物語の人物には、クリエイティブであったり、ある分野に特化した才能を持っていたりすることが多く、そのような人物は日常生活の整理整頓に対して無頓着であることがあります。

このような特性は、彼らが片付けが苦手である可能性を示唆しています。

アインシュタイン

アインシュタインは有名な天才物理学者でありながら、しばしば自分の机が散らかっていることで知られていました。

彼は自身の散らかり具合を「天才の証拠」とも言われたことがあります。

ただし、これはあくまで彼のデスク周りに関する話であり、彼全体の片付け能力については明確ではありません。

シャーロック・ホームズ

こちらは架空の人物ですが、シャーロック・ホームズは物語の中で自宅の部屋が散らかっていることが描かれています。

彼は天才的な推理力を持ちながらも、日常生活においては片付けや整理整頓が苦手であるとされています。

これらの例は、偉人や物語の中の人物であっても、片付けや整理整頓が苦手な場合があることを示しています。

ただし、これらの例は限られた状況や特定のシーンに関するものであり、全体的な片付け能力を正確に反映しているわけではないことに注意が必要です。

https://frost-village.com/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e8%84%b3%e3%81%af1%e3%83%9a%e3%82%bf%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%81%ef%bc%9f%e9%a9%9a%e3%81%8d%e3%81%ae%e4%ba%ba%e9%96%93%e8%a8%98%e6%86%b6%e5%ae%b9%e9%87%8f/

「片付けられない」は治る?

自力のみで片付けられるようになることはあり得る?

片付けられない人が自分の力だけで片付けられるようになることは十分に可能です。

ただし、それには自己認識、意欲、努力、そして適切な方法を学ぶことが重要です。

以下は、独力で片付けられるようになるための方法です。

自力で改善する方法

1. 自己認識

自分が片付けられない理由や、それによって生じる問題を認識することが第一歩です。

2. 目標設定

現実的で達成可能な片付けの目標を設定しましょう。小さな目標から始めて、徐々に大きな目標に挑戦することが効果的です。

3. 時間を決める

毎日決まった時間に、短時間でも構いませんので、片付けに取り組む習慣をつけましょう。

4. 方法を学ぶ

本やインターネットなどで、片付けや整理整頓の方法やコツを学びましょう。また、他人が行っている片付け方法を参考にすることも有益です。

5. 段階的に進める

一気に全てを片付けようとせず、部屋や家の一部分から始めて、徐々に範囲を広げていくことが効果的です。

6. 継続する

片付けは一度やったら終わりではなく、継続的に行う必要があります。片付けた後も、定期的に整理整頓を行いましょう。

独力で片付けられるようになるためには、根気強く取り組むことが大切です。途中で挫折しないよう、自分に合ったペースで進めていきましょう。

また、片付けが苦手な人でも、努力と工夫を続けることで、徐々に改善していくことができます。

成功する人と挫折する人の割合は?

片付けに関する成功率は、個人の性格、状況、意志力、環境など多くの要因に影響されるため、一概に数値化することは困難です。

したがって、片付けられない人が独力で片付けを始めた際の成功率に関する具体的なデータついては、残念ながら見つけることはできませんでした。

ただし、挫折する可能性を減らすための、効果的な方法については提案できます。

成功率を高めるには…

1. 現実的な目標設定

無理のない目標を立てることで、達成感を得やすくし、挫折を防ぐことができます。

2. 小さな成功体験を積む

小さな目標を達成することで自信をつけ、徐々に大きな目標に挑戦することができます。

3. 継続的な取り組み

短期間で結果を求めず、継続的に努力することで、長期的な改善が期待できます。

4. サポートを求める

友人や家族に励ましやアドバイスを求めることで、挫折を乗り越えることができます。

5. 自分に適した方法を見つける

自分に合った片付け方法を見つけることで、効果的かつ継続しやすくなります。

挫折を避けるためには、自分に適した方法やペースで取り組み、継続的な努力を重ねることが重要です。

また、失敗を恐れず、失敗を経験として捉えて前向きに取り組むことが大切です。

https://frost-village.com/%e6%9c%8d%e3%81%ae%e9%81%a9%e6%ad%a3%e9%87%8f%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%a6%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e3%82%b9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%aa%ef%bc%81/

片付けられない人の代わりに、他の人が片付けするのはアリ?

他の人が片付けられない人の代わりに片付けることは、場合によっては良いアイデアですが、注意点がいくつかあります。

1. 短期的な改善

片付けられない人の生活空間がすぐに整理され、効率的で快適な環境が提供されます。

2. 片付けの方法を学ぶ

他の人が片付ける様子を見ることで、片付けの方法やコツを学ぶことができます。

3. 心のサポート

片付けが苦手な人にとって、協力してもらえることは、心のサポートとなります。

1. 長期的な習慣形成が難しい

他の人が代わりに片付けることで、片付けられない人自身が片付けの習慣を身につける機会が失われる可能性があります。

2. 依存心の形成

他の人に頼り続けることで、自分で片付ける意欲や能力が低下する恐れがあります。

3. プライバシーの侵害

他の人が片付けることで、プライバシーが侵害されることがあります。

他の人が片付けられない人の代わりに片付ける場合は、上記の注意点を考慮し、できるだけ協力して一緒に片付けるようにすることが望ましいです。

また、片付けられない人が自分で片付ける方法や習慣を身につけられるよう、サポートや助言を提供することが重要です。

片付けられない人が他人の力を借りる場合、どのような方法が効果的?

片付けられない人が他人の力を借りる場合、以下の方法が効果的です。

他人の力を借りる方法

1. 家族や友人に協力を求める

身近な人に協力を求め、一緒に片付けを行うことで、効率的に作業が進みます。また、片付けのコツやアイデアを共有しながら進めることができます。

2. プロの片付けサービスを利用する

プロの片付けサービスや整理収納アドバイザーを利用することで、専門的な知識や技術を活用して、効果的な片付けができます。

3. グループ活動やコミュニティに参加する

地域の片付けイベントや整理収納のコミュニティに参加することで、他人と協力しながら片付けのスキルを向上させることができます。

4. オンラインで情報交換する

SNSやフォーラムを活用して、片付けに関する情報やアドバイスを共有し、他人の経験や知識を参考にすることができます。

5. セミナーやワークショップに参加する

片付けや整理収納に関するセミナーやワークショップに参加することで、他人と一緒に学び、実践する機会を得ることができます。

これらの方法を試すことで、他人の力を借りながら片付けを進めることができます。

また、他人と一緒に取り組むことで、自分自身の片付けのスキルや意識を向上させることができるでしょう。

ただし、他人の力を借りる際は、プライバシーや感謝の気持ちを大切にすることが重要です。

「片付けられない」を本気で治したい!

治療する方法はある?

「片付けられない」を改善する方法は、その人が片付けられない原因や状況によって異なります。

まずは、片付けられない理由が病的なものであるか、単に習慣や環境によるものかを判断することが重要です。以下は、いくつかの異なるアプローチです。

本気で改善に取り組みたい場合

1. コンサルテーションやカウンセリング

片付けられない原因が心理的な問題や習慣による場合、専門家とのカウンセリングやコンサルテーションが効果的です。カウンセラーやライフコーチが、問題の解決方法や新しい習慣を身につける方法を提案します。

2. 知識・スキルの習得

整理収納の専門家や本、オンラインリソースを利用して、片付けや整理整頓の方法を学びましょう。新しいスキルを身につけることで、自分で問題に取り組む力が身につきます。

3. 認知行動療法(CBT)

片付けに関連する不安や恐怖、過剰な思考を克服するために、認知行動療法が役立ちます。CBTは、自分の考え方や行動パターンを変えることで、問題を解決する方法を提供します。

4. 薬物療法

片付けられない原因がADHDやうつ病、不安障害などの精神疾患による場合、医師の処方による薬物療法が適切です。薬物療法は、症状を緩和し、片付けや整理整頓に取り組む意欲や能力を向上させることが期待できます。

5. サポートグループ

片付けに関する問題を共有し、互いに助け合うサポートグループに参加することで、問題を克服する助けとなります。

これらの治療法は、状況や原因に応じて選択・組み合わせることができます。専門家と相談し、自分に適した治療法を選択することが重要です。

また、治療法を選択する際は、短期的な解決策だけでなく、長期的な改長期的な改善に焦点を当てることが重要です。

効果的とされるアプローチについて

以下は、長期的な改善に向けたアプローチです。

本格的な改善(治療)方法

1. 習慣の変革

片付けの問題を克服するためには、日常的な習慣を変えることが重要です。例えば、毎日決まった時間に片付ける習慣を身につけたり、物を買う前に必要性を考えたりすることが効果的です。

2. 継続的なサポート

治療が終わった後も、専門家やサポートグループと定期的に連絡を取り合い、問題が再発しないようにサポートを受け続けることが有益です。

3. 自己評価と反省

自分の進歩を定期的に評価し、反省することで、問題の再発を防ぐことができます。自分の弱点や課題を認識し、改善策を考えることが大切です。

4. ストレス管理

ストレスが片付けられない原因である場合、ストレス管理の方法を学び、適切にストレスを解消することが重要です。運動や瞑想、趣味などを通じてストレスを発散しましょう。

5. 個人的な成長

自己啓発やスキルアップを通じて、自分自身の成長を促すことで、問題を克服する力が身につきます。

これらのアプローチを実践することで、長期的な改善に向けた効果的な治療が可能になります。ただし、状況や原因によっては、治療が完全に成功しない場合もあります。そのため、失敗を恐れず、前向きに取り組み続けることが大切です。

改善(治療)の成功率は?

片付けられない人に対する治療の成功率は、個人の状況や原因、選択された治療法によって大きく異なります。治療の成功率を一概に数値化することは難しいですが、以下の要素が成功率に影響を与えることが一般的です。

改善率を左右する要素について

1. 原因の特定

片付けられない原因が明確に特定され、適切な治療法が選択されることで、成功率が向上します。

2. 治療法の適切性

専門家と相談し、自分に適した治療法を選択することで、効果的な治療が期待できます。

3. 個人の意志力と努力

本人の意志力や努力が強いほど、治療の成功率が向上します。継続的に取り組み、問題解決に向けた行動を起こすことが重要です。

4. サポートの充実

家族や友人、専門家からのサポートが充実しているほど、治療の成功率が上がります。サポートがあることで、挫折を乗り越える力が強まります。

5. 長期的な取り組み

短期的な解決策ではなく、長期的な改善を目指す取り組みを続けることで、治療の成功率が向上します。

これらの要素が揃っている場合、治療の成功率は高くなる傾向がありますが、それでも全ての人が成功するわけではありません。

治療の成功率を上げるためには、自分に適した治療法を選び、継続的な努力を重ねることが大切です。

改善をサポートしてくれる機関について

どこで改善(治療)してもらえる?

片付けられない問題に対する治療を提供する機関や専門家は、その原因や状況に応じて異なります。以下は、いくつかの可能性がある機関や専門家です。

改善をサポートしてくれる専門家たち

1. 精神科医・心療内科医

精神的な問題や疾患(うつ病、不安障害、ADHDなど)が原因の場合、精神科医や心療内科医に相談することが適切です。診断や薬物療法を受けることができます。

2. カウンセラーや心理療法士

心理的な問題や感情の問題が原因の場合、カウンセラーや心理療法士に相談することが有効です。認知行動療法(CBT)やカウンセリングを受けることができます。

3. ライフコーチ

時間管理や習慣の改善が必要な場合、ライフコーチに相談することが役立ちます。ライフコーチは、目標設定や行動計画の立案をサポートしてくれます。

4. 整理収納アドバイザーやプロフェッショナルオーガナイザー

整理整頓の方法やスキルが不足している場合、整理収納アドバイザーやプロフェッショナルオーガナイザーに相談することが効果的です。彼らは、片付けや整理整頓の方法を指導してくれます。

5. サポートグループ

同じ問題を抱える人たちと共有し、互いに助け合うサポートグループに参加することも効果的です。サポートグループでは、他の参加者からアドバイスや情報交換ができます。

これらの機関や専門家の中から、自分の状況や原因に合ったものを選択しましょう。

また、複数の機関や専門家と連携して治療を受けることも可能です。例えば、精神科医による薬物療法とカウンセラーによるカウンセリングを併用することができます。

有料or無料?

日本国内において、上記の機関が提供するサービスが一般的に有料か無料かをまとめた表です。

ただし、実際の費用は、地域や個々の専門家の方針によって異なる場合があります。

機関・専門家有料無料
精神科医・心療内科医△*1
カウンセラーや心理療法士△*2
ライフコーチ×
整理収納アドバイザーやプロフェッショナルオーガナイザー×
サポートグループ△*3

1: 日本の医療保険制度(国民健康保険・社会保険)が適用される場合があり、自己負担額が軽減されることがあります。ただし、適用されるかどうかは専門医や病院によって異なりますので、事前に確認が必要です。

*2: 無料でカウンセリングや心理療法を提供している機関や団体も存在しますが、一般的には有料のサービスが多いです。また、一部の自治体では、住民向けに無料のカウンセリングサービスを提供していることがあります。

*3: サポートグループは、非営利団体やコミュニティが運営している場合が多く、無料で参加できることが一般的ですが、一部有料のサポートグループも存在します。

これらの費用については、具体的なサービスや専門家を選ぶ際に、事前に確認しておくことが大切です。また、一部の専門家や機関では、初回相談が無料で提供されることがあります。

まずはどの窓口に相談すればいいの?

日本国内で片付けられない問題に対処するために、最初に相談できる窓口は以下の通りです。

相談窓口について

1. かかりつけ医

まずは、かかりつけ医に相談してみてください。症状や状況に応じて、適切な専門家や機関を紹介してもらうことができます。

2. 区役所・市役所・町役場の保健福祉課:

地域の保健福祉課では、心身の健康に関する相談を受け付けています。自治体によっては、無料のカウンセリングサービスや専門家への紹介が行われている場合があります。

3. 精神保健福祉センター

都道府県や指定都市に設置されている精神保健福祉センターでは、心の問題に関する相談が受け付けられています。相談に応じて、適切な専門家や治療法を紹介してもらえることがあります。

4. 地域のメンタルクリニック・心療内科:

心療内科やメンタルクリニックでは、片付けられない問題が心理的要因によるものである場合、診断や治療が受けられます。

5. 整理収納アドバイザーやプロフェッショナルオーガナイザー

スキルや方法が不足している場合は、整理収納アドバイザーやプロフェッショナルオーガナイザーに相談し、指導を受けることができます。

これらの窓口を利用して、自分に適した専門家や機関を見つけましょう。また、インターネットで検索したり、友人や家族に相談することで、地域の情報や口コミを得ることもできます。最初の一歩として、自分に適した相談窓口を選び、問題解決に向けて行動を起こしましょう。

改善や治療とは異なるアプローチもある

掃除代行サービスの利用

片付けできない人が代行サービスを利用するのはアリです。

特に、忙しくて家事に時間を割けない場合や、片付けのスキルが不足している場合など、代行サービスを利用することで生活の質を向上させることができます。

また、片付けが苦手な人にとって、プロの片付けサービスや整理収納サービスは大きな助けとなります。

プロのサービスでは、お客様の要望やライフスタイルに合わせた片付け方法や収納方法を提案してくれるため、独力では難しかった片付けもスムーズに進めることができます。

ただし、片付けられない原因が病気や精神的な問題に起因する場合、代行サービスだけでなく専門家のカウンセリングや治療を受けることも検討してください。それにより、根本的な解決が図れる場合があります。

家事代行は、欧米では一般的

正確な普及率を示すデータはないものの、欧米では家事代行サービスが一般的に広く利用されています。

多忙な生活を送る人々や、共働きの家庭、シングルペアレント家庭など、家事負担を軽減したい家庭が家事代行サービスを利用しています。

欧米では、家事代行サービスはプロのハウスクリーニングサービスや家政婦サービス、お手伝いさんなどの形態があります。また、一部の地域では個人で家事代行業を営む人もいます。

価格やサービス内容は国や地域によって異なりますが、一般的には利用しやすい価格設定がされていることが多いです。

ただし、家事代行サービスの利用は家庭の収入や家庭状況、文化などによって異なるため、全ての家庭で利用されているわけではありません。

掃除代行サービスの種類と内容、費用について

掃除代行サービスは、さまざまな種類と内容があります。一般的な掃除代行サービスの種類、内容、および費用について以下に説明します。

定期的な掃除サービス

通常、週に1回や2週間に1回など、定期的な間隔でサービスが提供されます。内容は、フローリングの掃除、カーペットの掃除、トイレや風呂場の掃除、キッチンの掃除などが含まれます。費用は、サービス内容や提供時間によりますが、一般的に1時間あたり3,000円~5,000円程度です。

不定期の掃除サービス

必要に応じて利用できるため、急な来客やイベント前後の掃除に便利です。費用は、定期的な家庭用掃除サービスとほぼ同じで、1時間あたり3,000円~5,000円程度です。

引っ越し時の掃除サービス

引っ越し後の掃除を代行するサービスです。新居の掃除だけでなく、退去時の清掃も対応しています。費用は、部屋の広さや掃除の範囲によって異なりますが、一般的に20,000円~50,000円程度です。

ハウスクリーニングサービス

特定の箇所やアイテムを専門的に掃除するサービスです。エアコンクリーニング、換気扇クリーニング、窓ガラスクリーニングなどが含まれます。費用は、対象となる箇所やアイテムによって異なりますが、例えばエアコンクリーニングであれば、10,000円~20,000円程度が一般的です。

これらの費用は、業者や地域によって異なることがあります。また、追加オプションや割引が適用されることもあるため、利用前に料金やサービス内容を確認して、適切な業者を選ぶことが重要です。

掃除代行でおすすめのサービスは?

日本国内でおすすめの掃除代行サービスは、評判や実績がある企業を選ぶことが重要です。

また、ニーズに合ったサービスを提供していることもポイントです。以下に、いくつかのおすすめの掃除代行サービスを挙げます。

1. ハウスクリーニング ピカピカ: 全国展開している大手のハウスクリーニング会社で、一般的な家庭用掃除からエアコンや換気扇の掃除など、専門的な掃除も対応しています。

2. ベアーズクリーニング: 家庭用掃除をはじめ、オフィスや店舗の掃除も手掛けている大手のクリーニング会社です。定期的な掃除から不定期な掃除まで、幅広いニーズに対応しています。

3. ハウスケアコム: 一般的な家庭用掃除を中心に、ベビーシッターやペットシッター、家政婦の紹介など、家事全般のサポートを提供しているサービスです。

4. カジタク: アプリを利用して、簡単に掃除の依頼ができるサービスです。家庭用掃除をはじめ、引っ越し後の掃除やエアコンの掃除なども対応しています。

これらのサービスは、評判が良く、幅広いニーズに対応しています。ただし、利用する際には、自分のニーズや予算に合ったサービスを選ぶことが大切です。

また、料金やサービス内容を事前に確認し、信頼できる業者を選ぶことも重要です。

今回のまとめ

片付けられない人は、習慣や性格、環境、病気や遺伝の影響によってその原因が異なります。片付けられないことが問題になる場合、健康面や人間関係、仕事への影響があります。

片付けられない人と捨てられない人は、ともに整理整頓が苦手な点が共通していますが、捨てられない人は過剰な物への執着がある点が異なります。

片付けられない人が他人に片付けをお願いすることはアリであり、プロのサービスを利用することで生活の質を向上させることができます。

ただし、病気や精神的な問題が原因の場合は、専門家の治療も必要です。

日本国内では、家事代行サービスや掃除代行サービスが利用できます。これらのサービスは、一般的な家庭用掃除から専門的な掃除まで対応しています。利用する際には、自分のニーズや予算に合ったサービスを選び、信頼できる業者を選ぶことが大切です。