MENU
整理・収納・掃除

服の適正量を見つけてクローゼットをスッキリ!自分に合った服の数の決め方と維持法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

・あなたは、自分が持っている服の数に満足していますか?

・クローゼットが服であふれていて、毎日の服選びに悩んでいませんか?

・もしくは、服が少なすぎて、同じ服ばかり着ていませんか?

服の数は、知らず知らずのうちに増えたり減ったりします。服を買いすぎたり、捨てすぎたりすると、クローゼットが乱雑になったり、おしゃれが楽しくなくなったりします。

そうならないためには、自分に合った服の適正量を知ることが大切です。 

この記事でわかること

●服の適正量がわかります!

下記の3つの方法をご紹介します。

・自分が持っている服を全て出してリストアップする方法

・自分の服をカテゴリー別に分けて各カテゴリーごとに5着以内にする方法

・自分が着たい服や好きな服だけを残してそれ以外は処分する方法

●適正量を維持するコツがわかります!

下記の3つのポイントをお伝えします。

・定期的に見直しを行うこと

・新しい服を買ったら古い服を処分すること

・処分する服の方法と注意点を知ること

これらの方法やコツを実践することで、クローゼットがスッキリし、毎日の服選びが楽しくなります。

さらに、無駄な出費を抑えたり、環境や社会にも貢献したりすることもできます。

あなたもぜひ試してみてください。

服の適正量を見つける方法3選

そもそも服の適正量とは?

服の適正量とは、自分が持っている服の数が自分の生活スタイルや価値観に合っている状態のことです。

服の適正量は人によって異なりますが、一般的には女性で平均200着、男性で平均100着程度だと言われています。

しかし、これはあくまで目安であり、自分がどれだけ服を着回したり、洗濯したりするか、どんなシーンでどんな服を着るかなどによって変わってきます。

今回は、自分に合った服の適正量を見つける方法を3つ紹介します。

方法1:自分が持っている服を全て出してリストアップする

この方法は、自分が何着・何種類・何色の服を持っているかを正確に把握することができ、客観的に自分の服の傾向やバランスを見ることができます。

また、着ていない服やサイズが合わない服などを発見することもできます。

リストアップした後は、必要な種類や色の数を考えて適正量を決めましょう。 

やり方

①クローゼットやタンスに入っている服を全て出して床やベッドに広げます。靴やバッグ、アクセサリーなども含めます。

②服を種類ごとに分けます。例えば、「トップス」「ボトムス」「ワンピース」「アウター」「フォーマルウェア」「仕事着」「ルームウェア」などです。

③各種類の服を色ごとに分けます。例えば、「白」「黒」「赤」「青」などです。

④紙やノートに、各種類ごとに何着あるかを書き出します。色ごとにも書き出します。

⑤リストを見て、自分が必要だと思う服の数を考えます。自分の生活スタイルや好みに合わせて決めます。

⑥必要な服の数より多い場合は、不要な服を処分します。処分する方法は後述します。

方法2:各カテゴリーごとに5着以内にする

この方法は、自分が持っている服の種類や色を絞ることで、コーディネートがしやすくなり、着回しも効率的にできるようになります。

やり方

①前述の方法で自分が持っている服を全て出してリストアップします。

②リストから自分がよく着るカテゴリーを選びます。例えば、「トップス」「ボトムス」「ワンピース」などです。

③各カテゴリーごとに5着以内になるように服を選びます。色やデザインは自分の好みやコーディネートしやすさに合わせて決めます。

④5着以内に選んだ服以外は処分します。処分する方法は後述します。

方法3:好きな服だけを残して、それ以外は処分する

この方法は、自分の感覚や直感に従って服を選ぶことで、自分らしいスタイルを作り上げることができます。

また、お気に入りの服だけが残るので、毎日の服選びが楽しくなります。

やり方

①前述の方法で自分が持っている服を全て出してリストアップします。

②ひとつひとつ手に取って、「今すぐ着たいか」「好きか」「着る機会があるか」などを考えます。

③「はい」と答えられる服だけを残し、それ以外は処分します。処分する方法は後述します。

服の適正量を維持するコツ

服の適正量を見つけても、そのまま維持するのはなかなか難しいものです。

新しい服を買ったり、古い服を捨てたりすることで、服の数は変化していきます。服の適正量を維持するためには、以下のコツを実践しましょう。

定期的に見直す

服の適正量は、自分の生活スタイルや価値観によって変わっていきます。季節や流行も影響します。

そのため、定期的に自分が持っている服を見直すことが大切です。

前述の方法で自分が持っている服を全て出してリストアップし、必要な服の数を考え直しましょう。季節ごとや年に一度など、自分に合ったペースで行ってください。

新しい服を買ったら古い服を処分する

新しい服を買うときは、必ず古い服を処分するようにしましょう。

そうすることで、服の数が増えすぎるのを防ぐことができます。

新しい服を買う前に、自分が持っている服のリストを見て、どのカテゴリーや色の服が足りないか、どれが不要かを確認しましょう。

新しい服と同じカテゴリーや色の古い服を処分すると、バランスが保ちやすくなります。

服を処分する方法について

不要になった服を処分するときは、自分の目的や状況に合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。

以下に、服を処分するための具体的な方法を5つご紹介します。

①自治体のゴミに出す

服を処分する最も簡単な方法は、自治体のゴミに出すことです。

ただし、自治体によっては衣類の分別や回収日が異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

また、汚れたり破れたりした服は燃えるゴミとして出す必要があります。

この方法は手間がかからないですが、リサイクルされない場合が多いので環境にはあまり優しくありません。

②いらない服を寄付する

服を処分するときに他の人の役に立てる方法は、いらない服を寄付することです。

寄付先は様々で、ユニクロやH&Mなどの衣類回収ボックスや、赤十字社や日本赤輪などの団体があります。

寄付する服は清潔で状態の良いものに限られますが、寄付することでポイントや割引券などの特典がもらえる場合もあります。

この方法は社会貢献にもなりますし、環境にも優しいです。

③リサイクルショップで引き取ってもらう

服を処分するときにお金になる方法は、リサイクルショップで引き取ってもらうことです。

リサイクルショップではブランド品や流行りの服などを高く買い取ってくれますが、古くて需要のない服は買い取ってくれない場合もあります。

また、店舗に持ち込むか宅配買取を利用するかによっても手間や費用が異なります。

この方法は自分の服に価値があると感じる場合におすすめです。

④ネットオークションやフリマアプリに出品する

服を処分するときに自分で価格を決められる方法は、ネットオークションやフリマアプリに出品することです。

ネットオークションやフリマアプリでは自分の好きな値段で服を売ることができますが、写真や説明文を作成したり、発送したりする手間がかかります。また、出品料や手数料なども発生します。

この方法は自分の服に愛着がある場合や、高く売りたい場合におすすめです。

⑤知人に無料で譲る

思い入れのある服を処分するときの方法は、知人に無料で譲ることです。

知人に無料で譲る場合は、服のサイズや好みが合う人を探したり、連絡したりする手間がかかりますが、服の行方を知ることができますし、感謝されることもあります。

また、服を交換することで新しい服を手に入れることもできます。

この方法は自分の服に思い出がある場合や、友人との関係を深めたい場合におすすめです 。


以上、服を処分する具体的な方法を5つご紹介しました。服を処分するときには、自分の目的や状況に合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。服を処分することで、スッキリした気持ちになりましょう。

本記事のまとめ

服の適正量とは?

自分が持っている服の数が自分の生活スタイルや価値観に合っている状態のこと。

服の適正量は人によって異なり、一般的には女性で平均200着、男性で平均100着程度だが、これはあくまで目安です。

服の適正量を見つける方法は?

方法1:自分が持っている服を全て出してリストアップする方法

方法2:自分の服をカテゴリー別に分けて各カテゴリーごとに5着以内にする方法

方法3:自分が着たい服や好きな服だけを残してそれ以外は処分する方法

服の適正量を維持するコツは?

①服の量を定期的に見直す

②新しい服を買ったら古い服を処分する

③処分する服の方法と注意点を知る

服の適正量に関するQ&A

Q1. 服の適正量を見つける方法はどれが一番おすすめですか?

A1. 服の適正量を見つける方法は人によって合う合わないがありますが、一番おすすめなのは自分が持っている服を全て出してリストアップする方法です。

これは、自分が何着何種類何色の服を持っているかを正確に把握することができ、客観的に自分の服の傾向やバランスを見ることができます。また、着ていない服やサイズが合わない服などを発見することもできます。リストアップした後は、必要な種類や色の数を考えて適正量を決めましょう。

Q2. 服の適正量を維持するコツは何ですか?

A2. 服の適正量を維持するコツは、定期的に見直しを行うこと、新しい服を買ったら古い服を処分すること、処分する服の方法と注意点を知ることです。

定期的に見直しを行うことで、自分の生活スタイルや価値観が変わっていないかも確認できます。新しい服を買ったら古い服を処分することで、クローゼットがパンパンになることも防げます。処分する服の方法と注意点を知ることで、環境や社会にも配慮できます。

Q3. 服の適正量は季節ごとに変わりますか?

A3. 服の適正量は季節ごとに変わる場合もあります。たとえば、冬に雪が降る地域では、コートやブーツなどの防寒着が多く必要ですが、暖かい地域では、Tシャツやサンダルなどの涼しい服が多く必要です。また、季節ごとに流行りの色やデザインも変わることもあります。そのため、季節ごとに服の適正量を見直すことも大切です。