ビジネス・投資

お金に関する偉人の名言30選 – あなたの価値観が変わるかも?【解説付き】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
この記事の目次
  1. まえがき
  2. 1.「貧困は恥ではない」というのは、すべての人間が口にしながら、誰一人、心では納得していない諺である。
  3. 2.財布が軽ければ心は重い
  4. 3.楽しみに金のかからない人が最も裕福である。
  5. 4.もし他に方法がなければ乞食になってもいい。
  6. 5.金だけが人生ではない。
  7. 6.人々はお金で貴いものは買えないという。そういう決まり文句こそ、貧乏を経験したことのない何よりの証拠だ。
  8. 7.貧困は僕にとって必ずしも憎むべきものではなかった。なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから。
  9. 8.金よりも大事なものに評判というものがある。世間で大仕事をなすのにこれほど大事なものはない。金なんぞは、評判のあるところに自然と集まってくるさ。
  10. 9.金を馬鹿にする者は、金に馬鹿にされる
  11. 10.不景気は商売がうまくいかない原因ではなく、平等に与えられた条件にすぎない。
  12. 11.貧者は昨日のために今日働き、富者は明日のために今日働く。
  13. 12.金もうけを品の悪いことのように考えるのは、根本的に間違っている。しかしもうけることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。金もうけにも品位を忘れぬようにしたい。
  14. 13.金は働きのカスだ。機械を運転しているとカスがたまるように、人間もよく働いていれば、金が貯まる。
  15. 14.金は良い召使いでもあるが、悪い主人でもある。
  16. 15.金もうけのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。
  17. 16.金は肥料のようなものだ。ばらまけば役に立つが、一カ所に積んでおくとひどい臭いがしてくる。
  18. 17.金を持たずにすませることも、金をもうけるのと同じくらいの苦労と価値がある。
  19. 18.お金は人間の性格を変えることはない。お金は人間の性格を明らかにするだけだ
  20. 19.働くことは生きることだ。働かない者は生きているのではなく、ただ息をしているだけだ
  21. 20.世に銭ほど面白き物はなし。
  22. 21.金は良い召使いでもあるが、悪い主人でもある。
  23. 22.金もうけにも品位を忘れぬようにしたい。
  24. 23.金もうけのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。
  25. 24.お金は根源的な喜びをもたらすわけではないが、その欠如によって苦痛が生じる。
  26. 25.金は人間の性格を変えることはできないが、それを表に出すことはできる。
  27. 26.金は人間に幸福を与えることはできないが、不幸を取り除くことはできる。
  28. 27.金持ちになりたければ、自分よりも他人の利益を考えることだ。
  29. 28.金持ちになる方法は二つしかない。一つは自分が必要以上に使わないことだ。もう一つは他人から必要以上に取らないことだ。
  30. 29.金は人間の心を映す鏡だ。
  31. 30.お金は時間の味方であり、敵でもある。
  32. あとがき

まえがき

お金は人生に欠かせないものですが、どう考えるかによって幸せも不幸も変わってきます。

お金に関する名言は、その人の経験や思想が反映されています。

お金は人間の心や性格を映す鏡であり、支配するものではなく、使うものであることを教えてくれます。

また、お金は目的ではなく結果であり、自分や他人の利益や幸福のために使うことが重要であることや、お金は貯めるだけではなく、投資や社会貢献などにも使うことが必要であることなども示してくれます。

そして、お金は品位や評判とも関係があり、節度や倫理を忘れずに扱うことが大切であること、お金は幸福を与えることはできないが不幸を取り除くことはできること、お金だけでは得られないものもあることなども教えてくれます。

今回は、お金に関する名言を30選ご紹介します。それぞれの名言を言った人のプロフィールと、名言が生まれた背景についても解説します。お金に対する価値観を見直すきっかけになれば幸いです。

さっそく始めましょう。

1.「貧困は恥ではない」というのは、すべての人間が口にしながら、誰一人、心では納得していない諺である。

誰の名言?

この名言を言ったのは、ドイツの劇作家・小説家であるアウグスト・フォン・コッツェブー(1761-1819)です。

解説

彼は貧しい家庭に生まれましたが、法律家として成功しました。

しかし、フランス革命の影響で政治的な批判を受け、暗殺されました。彼は貧困と富という対照的な経験をした人物でした。

2.財布が軽ければ心は重い

誰の名言?

この名言を言ったのは、イギリスの詩人・劇作家であるベン・ジョンソン(1572-1637)です。

解説

彼はシェイクスピアと同時代の人物で、多くの喜劇や叙事詩を書きました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、学問や文学に優れていました。

しかし、彼もまた政治的な問題や経済的な困難に悩まされました。彼はお金と心の関係をよく知っていた人物でした。

3.楽しみに金のかからない人が最も裕福である。

誰の名言?

この名言を言ったのは、ギリシャの哲学者であるソクラテス(紀元前469-399)です。

解説

彼は西洋哲学の祖と呼ばれ、弟子にプラトンやキセノフォンなどがいます。彼は自分の思想を書き残さず、公共の場で問答を行うことで知恵を探求しました。

彼は財産や地位よりも知性や徳を重んじました。彼はお金と幸福というテーマについても多く語りました。

4.もし他に方法がなければ乞食になってもいい。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の実業家である松下幸之助(1894-1989)です。

解説

彼はパナソニックの創業者であり、電気製品や住宅事業などで大きな成功を収めました。彼は若くして起業しましたが、第二次世界大戦や経済危機などで何度も危機に直面しました。

彼は自分の信念を曲げずに事業を続けました。彼はお金に執着せずに自分の使命を果たそうとした人物でした。

5.金だけが人生ではない。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の小説家である太宰治(1909-1948)です。

解説

彼は『人間失格』や『斜陽』などの作品で知られ、戦後の文学界に大きな影響を与えました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、東京帝国大学に入学しました。

しかし、彼は学業や恋愛に失敗し、自殺未遂やアルコール依存などに苦しみました。彼はお金よりも人間の本質や苦悩に関心がありました。

6.人々はお金で貴いものは買えないという。そういう決まり文句こそ、貧乏を経験したことのない何よりの証拠だ。

誰の名言?

この名言を言ったのは、イギリスの小説家であるジョージ・ギッシング(1857-1903)です。

解説

彼は『ニュー・グラブ街』や『奇妙な一年』などの作品で知られ、ヴィクトリア朝の社会問題を描きました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、奨学金でオックスフォード大学に入学しました。

しかし、彼は窃盗事件で退学し、その後も結婚や離婚などで苦労しました。彼はお金と幸せという問題について深く考えていた人物でした。

7.貧困は僕にとって必ずしも憎むべきものではなかった。なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから。

誰の名言?

この名言を言ったのは、フランスの小説家・哲学者であるアルベール・カミュ(1913-1960)です。

解説

彼は『異邦人』や『ペスト』などの作品で知られ、不条理主義や実存主義の代表的な作家とされます。彼はアルジェリアの貧しい家庭に生まれましたが、文学や哲学に優れていました。

しかし、彼もまた第二次世界大戦やアルジェリア戦争などで苦難に直面しました。彼はお金では得られない自然や自由を愛した人物でした。

8.金よりも大事なものに評判というものがある。世間で大仕事をなすのにこれほど大事なものはない。金なんぞは、評判のあるところに自然と集まってくるさ。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の幕末の志士である坂本龍馬(1836-1867)です。

解説

彼は土佐藩出身で、薩長同盟や王政復古などで日本の近代化に貢献しました。彼は商才にも長けており、海援隊や亀山社中などを組織しました。

彼はお金を目的ではなく手段として使い、自分の信念や理想のために行動しました。彼はお金と評判という問題についても独自の見解を持っていた人物でした。

9.金を馬鹿にする者は、金に馬鹿にされる

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の林学博士である本多静六(1866-1952)です。

解説

彼は日本の森林保護や造林事業に尽力し、国際的な評価も高かった人物です。彼は貧しい家庭に生まれましたが、奨学金で東京帝国大学に入学しました。

しかし、彼は学業を中断してアメリカに渡り、そこで林学を学びました。彼はお金を軽視せずに自分の夢や目標のために使うことを重視した人物でした。

10.不景気は商売がうまくいかない原因ではなく、平等に与えられた条件にすぎない。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の実業家である藤田田(1926-2004)です。

解説

彼は日本マクドナルドの創業者であり、日本で初めてハンバーガー店を開業しました。彼はアメリカでマクドナルドの社長と出会い、日本でのフランチャイズ権を得ました。

しかし、彼もまたオイルショックやバブル崩壊などで経営危機に陥りました。彼は不景気を恐れずにチャンスと捉え、革新的な戦略やサービスで成功しました。彼はお金と景気という問題についても前向きな姿勢を持っていた人物でした。

11.貧者は昨日のために今日働き、富者は明日のために今日働く。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の経世家・農政家である二宮尊徳(1787-1856)です。

解説

彼は幕末の農村復興運動の指導者であり、倹約や勤勉などの理念を広めました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、幼少期から読書や勉強に励みました。

彼は自分の村だけでなく、他の村や藩でも農業改革や教育事業などを行いました。彼はお金を貯めるだけではなく、将来のために投資することを重視した人物でした。

12.金もうけを品の悪いことのように考えるのは、根本的に間違っている。しかしもうけることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。金もうけにも品位を忘れぬようにしたい。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の実業家・政治家である渋沢栄一(1840-1931)です。

解説

彼は明治維新後の日本の近代化に貢献し、多くの企業や銀行を設立しました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、幕末の動乱の中で活躍しました。

彼はお金を稼ぐことを否定せずに、社会貢献や教育などにも力を注ぎました。彼はお金と品位という問題についてもバランス感覚を持っていた人物でした。

13.金は働きのカスだ。機械を運転しているとカスがたまるように、人間もよく働いていれば、金が貯まる。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の実業家・政治家である後藤新平(1857-1929)です。

解説

彼は日本の鉄道事業や電力事業に尽力し、日本の近代化に貢献しました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、幕末の動乱の中で活躍しました。

彼はお金を目的ではなく結果として捉え、自分の仕事に情熱を注ぎました。彼はお金と働きという問題についてもシンプルな考え方を持っていた人物でした。

14.金は良い召使いでもあるが、悪い主人でもある。

誰の名言?

この名言を言ったのは、アメリカの政治家・科学者であるベンジャミン・フランクリン(1706-1790)です。

解説

彼はアメリカ独立戦争の指導者であり、電気や雷などの科学的な発見もしました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、印刷業や出版業で成功しました。

彼はお金を節約や投資などで賢く使うことを提唱しましたが、同時にお金に支配されないことも重要だと説きました。彼はお金と自由という問題についても深い洞察力を持っていた人物でした。

15.金もうけのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。

誰の名言?

この名言を言ったのは、フランスの哲学者・作家であるアラン(1868-1951)です。

解説

彼は『思想と人生』や『幸福論』などの作品で知られ、個人主義や平和主義などの思想を展開しました。

彼は裕福な家庭に生まれましたが、教師やジャーナリストとして活動しました。彼はお金よりも自分自身の能力や知性を大切にすることを重視した人物でした。

16.金は肥料のようなものだ。ばらまけば役に立つが、一カ所に積んでおくとひどい臭いがしてくる。

誰の名言?

この名言を言ったのは、アメリカの実業家であるクリント・W・マーチソン(1895-1969)です。

解説

彼は石油や銀行などの事業で成功し、アメリカの富豪として知られました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、第一次世界大戦で従軍し、その後に起業しました。

彼はお金を貯めるだけではなく、慈善事業やスポーツチームなどにも投資しました。彼はお金と社会貢献という問題についても積極的な姿勢を持っていた人物でした。

17.金を持たずにすませることも、金をもうけるのと同じくらいの苦労と価値がある。

誰の名言?

この名言を言ったのは、フランスの詩人・劇作家であるジュール・ルナール(1864-1910)です。

解説

彼は『日記』や『モルタリス』などの作品で知られ、自伝的な文学を発展させました。

彼は裕福な家庭に生まれましたが、父親と対立し、パリで貧しい生活を送りました。彼はお金に依存せずに自分の芸術を追求することを重視した人物でした。

18.お金は人間の性格を変えることはない。お金は人間の性格を明らかにするだけだ

誰の名言?

オスカー・ワイルドは、19世紀末のイギリスの耽美主義文学の作家です。同性愛者であり、恋人の父親に告訴されて投獄されました。その後、フランスで亡くなりました。

解説

彼の名言「お金は人間の性格を変えることはない。お金は人間の性格を明らかにするだけだ」は、小説『カンタヴィル・ゴースト』の中で幽霊が言います。

この言葉は、アメリカ人とイギリス人の価値観の違いを皮肉りますが、ワイルド自身のお金に対する考え方も表しています。

19.働くことは生きることだ。働かない者は生きているのではなく、ただ息をしているだけだ

誰の名言?

ヘレン・ケラーは、視覚と聴覚の重複障がい者でありながらも、教育家・社会福祉活動家・著作家として活躍したアメリカ人です。

解説

彼女は、7歳の時に家庭教師のアン・サリヴァンと出会い、指文字や発声法を学びました。この名言は、彼女が1918年に出演した自叙伝を映画化した『救済』の中で言ったものです。

この言葉は、彼女が働くことの喜びや意義を表現したものであり、障がい者や貧困者の救済に尽力した彼女の人生観を反映しています。

20.世に銭ほど面白き物はなし。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の江戸時代後期の小説家である井原西鶴(1640-1693)です。

解説

彼は『好色一代男』や『日本永代蔵』などの作品で知られ、江戸の庶民生活や風俗を描きました。彼は商家の出身で、金貨や銭貨に詳しかった人物です。彼はお金の魅力や苦しみをよく理解していた人物でした。

21.金は良い召使いでもあるが、悪い主人でもある。

誰の名言?

この名言を言ったのは、アメリカの政治家・科学者であるベンジャミン・フランクリン(1706-1790)です。

解説

彼はアメリカ独立戦争の指導者であり、電気や雷などの科学的な発見もしました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、印刷業や出版業で成功しました。

彼はお金を節約や投資などで賢く使うことを提唱しましたが、同時にお金に支配されないことも重要だと説きました。彼はお金と自由という問題についても深い洞察力を持っていた人物でした。

22.金もうけにも品位を忘れぬようにしたい。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の実業家・政治家である渋沢栄一(1840-1931)です。

解説

彼は明治維新後の日本の近代化に貢献し、多くの企業や銀行を設立しました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、幕末の動乱の中で活躍しました。

彼はお金を稼ぐことを否定せずに、社会貢献や教育などにも力を注ぎました。彼はお金と品位という問題についてもバランス感覚を持っていた人物でした。

23.金もうけのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。

誰の名言?

この名言を言ったのは、フランスの哲学者・作家であるアラン(1868-1951)です。

解説

彼は『思想と人生』や『幸福論』などの作品で知られ、個人主義や平和主義などの思想を展開しました。

彼は裕福な家庭に生まれましたが、教師やジャーナリストとして活動しました。彼はお金よりも自分自身の能力や知性を大切にすることを重視した人物でした。

24.お金は根源的な喜びをもたらすわけではないが、その欠如によって苦痛が生じる。

誰の名言?

シンガポールの政治家、リー・クアンユー

解説

リー・クアンユーは、シンガポールの初代首相であり、国の発展に大きく貢献しました。

この名言は、お金は幸福を保証するわけではないが、お金がないことによって苦痛を感じることがあるということを表しています。

25.金は人間の性格を変えることはできないが、それを表に出すことはできる。

誰の名言?

この名言を言ったのは、アメリカの作家・ジャーナリストであるマーク・トウェイン(1835-1910)です。

解説

彼は『トム・ソーヤーの冒険』や『ハックルベリー・フィンの冒険』などの作品で知られ、アメリカ文学の巨匠とされます。

彼は貧しい家庭に生まれましたが、印刷工や船員などの職を経て作家になりました。彼はお金を稼ぐことにも興味がありましたが、投機や借金などで苦労しました。彼はお金と人間性という問題についても鋭い観察力を持っていた人物でした。

26.金は人間に幸福を与えることはできないが、不幸を取り除くことはできる。

誰の名言?

この名言を言ったのは、フランスの哲学者・数学者であるブレーズ・パスカル(1623-1662)です。

解説

彼は『パンセ』や『パスカルの賭け』などの作品で知られ、数学や物理学などの分野でも業績を残しました。

彼は裕福な家庭に生まれましたが、幼少期から病弱で苦しみました。彼はお金ではなく神や人間の本質に関心がありました。彼はお金と幸福という問題についても深い洞察力を持っていた人物でした。

27.金持ちになりたければ、自分よりも他人の利益を考えることだ。

誰の名言?

この名言を言ったのは、アメリカの実業家・発明家であるトーマス・エジソン(1847-1931)です。

解説

彼は電球や蓄音機などの発明で知られ、アメリカの産業革命に貢献しました。彼は貧しい家庭に生まれましたが、新聞売りや電信技師などの職を経て発明家になりました。

彼はお金を稼ぐことにも熱心でしたが、社会的な需要や価値を重視しました。彼はお金と創造性という問題についても実践的な姿勢を持っていた人物でした。

28.金持ちになる方法は二つしかない。一つは自分が必要以上に使わないことだ。もう一つは他人から必要以上に取らないことだ。

誰の名言?

この名言を言ったのは、インドの政治家・思想家であるマハトマ・ガンディー(1869-1948)です。

解説

彼はインドの独立運動の指導者であり、非暴力・不服従の理念を広めました。彼は裕福な家庭に生まれましたが、弁護士として活動し、南アフリカやインドで人種差別や植民地支配に抵抗しました。

彼はお金を軽視せずに、貧困や不正義に対抗するために使うことを提唱しました。彼はお金と正義という問題についても高い倫理観を持っていた人物でした。

29.金は人間の心を映す鏡だ。

誰の名言?

この名言を言ったのは、日本の江戸時代中期の儒学者である荻生徂徠(1666-1728)です。

解説

彼は『政談』や『直斎随筆』などの作品で知られ、古学派の祖とされます。彼は裕福な家庭に生まれましたが、幕府や藩の仕事を断り、自由な学問生活を送りました。

彼はお金に対しても冷静で客観的な見方をしました。彼はお金と心という問題についても明晰な分析力を持っていた人物でした。

30.お金は時間の味方であり、敵でもある。

誰の名言?

古代ギリシャの哲学者、エピクテトス

解説

エピクテトスは、ストア派の哲学者であり、自由と内省を主張していました。

この名言は、お金が時間を節約することができる一方で、時間を奪うこともできるということを表しています。

あとがき

お金にまつわる名言30選を読んでみていかがでしたでしょうか?

私はこの記事を書くにあたって、様々な人物のお金に対する考え方や生き方に触れることができました。

それぞれの名言には、その人の経験や思想が反映されています。お金は人間の心や性格を映す鏡であり、支配するものではなく、使うものであることを改めて感じました。

また、お金は目的ではなく結果であり、自分や他人の利益や幸福のために使うことが重要であることも学びました。

お金は貯めるだけではなく、投資や社会貢献などにも使うことが必要であることや、お金は品位や評判というものとも関係があり、節度や倫理を忘れずに扱うことが大切であることも理解しました。

そして、お金は幸福を与えることはできないが、不幸を取り除くことはできることや、しかし、お金だけでは得られないものもあることも気づきました。

私はこの記事を通して、自分のお金に対する価値観を見直す機会になりました。

お金は人生に欠かせないものですが、どう考えるかによって幸せも不幸も変わってきます。

皆さんもこの記事を読んでみて、自分のお金に対する考え方や生き方について考えてみてください。

お金にまつわる名言30選を読んでみて、あなたの価値観は変わりましたか?最後まで読んでいただきありがとうございました。