おすすめ製品&サービス

節約の定番!格安SIMの疑問に答える:選び方・メリット・デメリット

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

格安SIMの素朴なギモンに一問一答!

格安SIMのメリットは?

スマホの利用料金が安くなることです。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換えると、だいたい月々5千円くらいは安くなります。

1台あたり年間およそ6万円と結構な金額が節約できるため、定番の節約術になっています。

格安SIMのデメリットは?

・回線が混雑する時間帯は、通信速度が遅くなることがある

・これまで使っていたメールアドレスが使えなくなる

などが挙げられます。

このほか、今まで契約していた会社から乗り換えるための手続きが必要になるため、人によっては手間に感じてしまうかもしれません。

格安SIMって、品質が悪いから安いの?

そんなことはありません。

なぜなら、大手キャリアも格安SIMの会社も、同じ回線を使っているからです。

正確にいうと、格安SIMの会社は大手キャリアの設備(回線やアンテナ)をレンタルして、通信サービスを提供しているのです。

では、格安SIMはなぜ安いのか?

それは、それぞれの格安SIMの会社が余分だと判断するサービスを削っているからです。

実店舗を置かず契約はネットのみ…なんてのが、その最たる例です。

なので、格安SIMだから電波状況が悪いとか、通話品質が悪いとかいうことはありません。

格安SIMは通信速度が遅い?

これはありえます。

格安SIMの会社の回線は大手キャリアから借りているものなので、その数(容量)には限りがあります。

限られた回線を使う人が多いほど、通信速度は遅くなります。

特に回線が混雑する時間帯においては、大手キャリアに比べて通信速度が遅くなることが多いようです。

とはいっても、LINEやSNSなど低容量のアプリや、ネットサーフィン程度は問題なく使えます。

格安SIMの通話料金は高い?

これもありえます。

傾向として、格安SIMの通話料は割高です。

ただし、これは長電話をしたときの場合です。

短時間の通話であれば、逆に通話料は割安になることが多いようです。

「つい長電話をしてしまった時の通話料が心配…」という人向けに、通話料定額オプションを用意している会社も結構あります。 

長電話になりそうな時はLINE通話などを使うのも一つの手です。

格安SIMに乗り換えると、違約金を取られる?

たしかに、回線の乗り換えに伴って違約金をとられるケースは多いです。

ただし利用料金が月々5千円ほど安くなるため、違約金を払ったとしても数ヶ月でチャラにできます。

メリットとデメリットを天秤に掛けて、メリットの方が大きいと感じたら違約金のことは気にせず乗り換えてしまった方が得です。

少しのヤル気で誰でもできる!格安SIMへの乗り換え方

手順1:SIMフリーのスマホを用意する

格安SIMに乗り換えるにはSIMフリーの端末でなければなりません。

新しくSIMフリーのスマホにするか、今使っているSIMロックを解除するかのどちらかを選びましょう。

今使っているものが3〜4年前のスマホなら、これを機に買い替えてもいいかもしれません。

新しくスマホを買う場合

・ネットショップか家電量販店で購入

・乗り換え先の格安SIMの会社でスマホも購入する

今使っているスマホを使う場合

・契約中の会社に依頼してSIMロックを解除してもらう

手順2:MNP予約番号を取得する

MNPとは?

MNP(マイナンバーポータビリティ)とは、現在使っている電話番号を乗り換え先でもそのまま使えるようにする仕組みのこと。

現在契約中の会社のショップ、もしくはウェブサイトでMNP予約を申し込んで、予約番号を取得してください。

電話番号が変わってもいい場合はMNP予約番号の取得は不要です。

手順3:乗り換え先の会社と契約する

自分で選んだ格安SIMの会社へ契約の申込みを行いましょう。

申込み手続きはウェブから簡単にできます。

契約完了後に届いたSIMカードをスマホに差し込めば乗り換えは完了です。

格安SIMにするなら、どの会社がいいの?

これは、その人のスマホの利用状況による…としか言えません。

かなりの数の会社があるので、ベストなプランを見つけたいのなら、よく吟味して選ぶ必要があります。

ただし、よほどのハズレを引かない限り、どの会社を選んでも「失敗した!」と感じることはないでしょう。

仮に失敗したとしても、その時は別な会社に乗り換えればいいだけです。

下記に格安SIMの一例を挙げておきますので、よろしければ参考にしてください。

※下記はあくまで例です。(当たり前ですが、)契約するか・しないかはご自分の意思で決定してください。

LIBMO(リブモ)

20GBプランが音声通話付で月1,991円で、業界最安なのが特徴です。

NTTドコモの回線を利用しているので、ドコモユーザーの乗り換えがおすすめ。

エキサイトモバイル

使った分だけ支払う段階制料金プラン「Fit」と定額制料金プラン「Flat」の2タイプから選べるのが特徴です。

回線もドコモ・auの2つから選ぶことができます。

OCN モバイル ONE

通話料が気になる人向けに、選べる3つのかけ放題オプションを用意しています。

NTTグループが運営する格安SIMなので、全国のドコモショップでも申込みをすることができます。