ライフハック・時短・効率化

服選びの新基準!毛玉が出来にくい素材と織り方の見分け方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

あなたは服を選ぶ際、デザインや価格だけでなく「毛玉ができにくいかどうか」を考えたことはありますか?

服の毛玉は見た目を損なうだけでなく、肌触りも悪くします。

しかし、それは適切な素材や織り方を選べば防ぐことができます。

この記事では、毛玉が出来にくい服の選び方を詳しく解説します。

素材の見分け方から、織り方の特徴、そして適切なケア方法まで、あなたの服選びを劇的に改善する情報をお届けします。

これを読めば、次回からは品質と耐久性を考慮した、より賢い服選びができるようになるでしょう。

毛玉はなぜできる?

毛玉は、主に繊維製品(特に衣服や毛布など)の表面に出来ます。

これは通常、摩擦により生じます。

具体的には、洗濯や着用中に衣服の繊維が摩擦により乱れ、絡み合って小さな球状の「毛玉」を形成します。

これは特に柔らかくて脆い繊維ではよく起こります。

繊維がどのように製造され、衣服がどのように縫製されているかによっても、毛玉が出来やすいかどうかが決まります。

毛玉の出来やすい服はここがダメ

見た目が悪い

毛玉が付いた服は見た目が乱れ、整った印象を損ないます。

特にフォーマルな場面や職場などでは、服装が大切な第一印象を左右するため、毛玉は避けたい問題です。

寿命が短い

毛玉は基本的に繊維の絡まりであり、これが進行すると衣服の損耗を早める可能性があります。

毛玉が多くなると、衣服の寿命が短くなることもあります。

着心地が悪い

衣服の表面が毛玉で覆われていると、触り心地が悪くなることがあります。

また、毛玉が皮膚にこすれることで、不快感を感じることもあります。


これらの問題を解消するためには、定期的に毛玉取りを行ったり、毛玉ができにくい素材の衣服を選ぶなどの対策が有効です。

毛玉が出来やすい素材、出来にくい素材について

毛玉が出来やすい素材は?

ウール(毛織物)

ウールは柔らかくて温かい一方で、繊維が短く絡まりやすい特性があります。これにより、摩擦によって毛玉が形成されやすいです。

アクリル

アクリルは合成繊維の一種で、ウールに似た質感と温かさを持ちますが、ウール同様に毛玉ができやすいです。

ポリエステル

ポリエステルも合成繊維で、他の繊維と混合されることが多いです。ポリエステル自体は毛玉になりにくいですが、他の繊維(特に天然繊維)と混合されると、その混合繊維製品は毛玉になりやすい場合があります。

コットン

コットンも毛玉になりやすい素材の一つですが、これは繊維の長さや品質によります。短い繊維を使用した安価なコットン製品は毛玉になりやすいです。

毛玉が出来にくい素材は?

シルク

シルクは自然繊維の中でも最も滑らかで、その繊維が絡まりにくいという特性があります。そのため、シルク製の衣類は通常、毛玉ができにくいです。

ナイロン

ナイロンは合成繊維の一種で、その表面は滑らかで絡まりにくいです。しかし、他の繊維と混紡されることが多く、その混紡繊維によっては毛玉ができやすくなることもあります。

ポリエステル

純粋なポリエステルは滑らかで絡まりにくいため、毛玉ができにくいとされます。ただし、他の繊維と混紡された場合、その特性は変わる可能性があります。

高品質のコットン

繊維が長く、紡績方法が高品質なコットン(例えばエジプトコットンやピマコットンなど)は、短い繊維を使用した安価なコットン製品よりも毛玉ができにくいです。

毛玉の出来やすい織り方、出来にくい織り方について

毛玉の出来やすい織り方は?

松糸織り(テリーウェーブ)

松糸織りは表面にループ状の繊維が多く、摩擦により毛玉ができやすいです。タオルなどによく使われる織り方です。

起毛素材

起毛した素材(フリースやフランネルなど)は、表面の繊維が立ち上がっていて摩擦により毛玉ができやすいです。

毛玉の出来にくい織り方は?

平織り

平織りは織り密度が高く、繊維が絡まりにくいため、毛玉ができにくいとされています。シャツやシーツなどに使われることが多いです。

綾織り

綾織りも織り密度が高く、繊維が密に絡まっているため、摩擦による繊維の損傷が少なく、毛玉ができにくいです。例えばデニムなどが綾織りです。

サテン織り

サテン織りは、表面に出る繊維が少なく、滑らかな表面を作ることができるため、毛玉ができにくいとされています。

毛玉の出来やすさは、見た目や手触りで分かる?

見た目で判別する方法

松糸織り(ループが表面に出ている織り方)や起毛した素材は、摩擦により毛玉ができやすいです。

逆に、密に織られていて、繊維が表面に出ていない素材は、毛玉ができにくいです。

・平織り

・綾織り

・サテン織り

これら、毛玉の出来にくい織り方はそれぞれ特徴的な見た目をしているので、素人でも見分けることは可能です。

平織り

最も一般的な織り方で、縦糸と横糸が交互に交差しています。縦糸1本と横糸1本が交互に上下に交差するパターンで、織り地全体が均一な表面を持っています。ギンガムチェックやシャンブレーなど、一般的なシャツ素材によく見られます。

綾織り

縦糸と横糸が斜めに交差するパターンで、一方向に斜めのライン(通常は「斜線」または「ツイルライン」と呼ばれる)が見られます。このパターンはデニムやギャバジン、ツイルシャツによく使われています。

サテン織り

この織り方では、縦糸または横糸が主に表面を覆っており、他の糸はほとんど見えません。これにより、表面が滑らかで光沢のある織り地が作られます。シルクやポリエステル製のサテン生地、あるいは高級なシーツやネクタイによく使われています。

手触りで判別する方法

表面がフワフワしていて、手触りが柔らかい素材は毛玉が出来やすい傾向があります。これは、表面の繊維が絡み合いやすく、摩擦により毛玉が形成されやすいからです。

逆に、衣類の表面と手触りがなめらかな素材は、毛玉ができにくい傾向があります。これは、滑らかな表面は繊維が絡まりにくく、摩擦による損傷も少ないからです。

生地の厚さと毛玉の出来やすさに関係はある?

生地の厚さや薄さが直接的に毛玉の発生に影響を与えるわけではありません。

毛玉の発生は主に、素材の種類、織り方、繊維の長さ、品質などによって左右されます。

しかし、ある程度は関連性があると言えるかもしれません。

例えば、厚手の素材や起毛した素材は、表面の繊維が摩擦により絡み合いやすく、毛玉が形成されやすい傾向があります。

一方、薄手の素材や滑らかな素材は、繊維が絡み合いにくく、毛玉が形成されにくいかもしれません。

毛玉を出来にくくするためには、何に気をつければいい?

洗濯方法

洗濯の際には衣服を裏返して洗濯ネットに入れることで、摩擦によるダメージを減らすことができます。また、洗濯機の設定も重要で、適切な洗濯モード(デリケート洗いなど)や温度設定を選ぶことも毛玉の発生を抑えます。

乾燥方法

乾燥機は衣服に大きな摩擦を与えるため、可能であれば自然乾燥を選びましょう。また、衣服を裏返して乾燥させることも有効です。

保管方法

衣服をきちんと畳むか、ハンガーにかけることで、衣服同士の摩擦を減らすことができます。また、詰め込みすぎずに適切なスペースを確保することも重要です。

洗剤

洗剤も衣服に影響を与えます。衣服に優しい洗剤を選び、適量を使用することが大切です。

毛玉取り

既に毛玉ができてしまった場合は、毛玉取り器や専用のコームを使って毛玉を取り除くことができます。ただし、力を入れすぎると生地を傷つける可能性があるので注意が必要です。


これらのケアを行うことで、衣服の寿命を延ばし、毛玉の発生を防ぐことが可能です。 

出来てしまった毛玉はどう処理すればいい?

すでにできてしまった毛玉は、以下の方法で取り除くことができます。

毛玉取り器

毛玉取り器は、電動のものや手動のものがあり、表面の毛玉を切り取ることができます。使う際には、衣服を平らな面に広げ、力を入れすぎずにゆっくりと滑らせることが重要です。

毛玉取りコーム

毛玉取りコームは、細かい歯がついた特殊なコームで、毛玉をこすり落とすことができます。こちらも使う際には力を入れすぎないように注意しましょう。

手作業

小さな毛玉であれば、手作業で取り除くことも可能です。しかし、これは時間と手間がかかりますし、生地を引っ張りすぎると傷つける可能性があるため注意が必要です。

カミソリ

新品の安全カミソリを使って毛玉をそっと剃る方法もあります。しかし、この方法は衣服を傷つけるリスクが高いため、慎重に行う必要があります。


毛玉を取り除く際は、衣服を傷つけないようにソフトに扱うことが重要です。また、毛玉が再びできにくいように、適切なケアと保管方法を続けることも大切です。

おすすめは、ダントツで「毛玉取り器」

毛玉の除去方法については、「毛玉取り器」の使用が一番おすすめです。

効率性

毛玉取り器は、手作業やカミソリに比べて、より迅速かつ効率的に毛玉を取り除くことができます。

安全性

正しく使えば、衣服を傷つけるリスクが最も低いです。

使いやすさ

電動の毛玉取り器は、手作業よりも手間がかからず、使いやすいです。


ただし、毛玉取り器を使用する際は、以下の点に注意が必要です。

・衣服を平らな面に広げて、摩擦によるダメージを最小限に抑えます。

・毛玉取り器をゆっくりと滑らせて、生地に引っかからないようにします。

・毛玉取り器の刃は鋭いので、指を切らないように注意します。

なお、毛玉取り器は衣服の種類や毛玉の大きさによって効果が異なります。

厚みのある衣服や大きな毛玉に対しては、毛玉取りコームの方が適している場合もあります。

これらのツールを使う際は、いずれにせよ衣服へのダメージを最小限に抑えることを心がけてください。

今回のまとめ

毛玉が出来にくい服を選ぶためには、素材の選択、織り方の理解、そして適切なケアが鍵となります。

毛玉に悩まされる日々はここで終わりです。

次回からは、この記事で学んだポイントを活かして、より賢い服選びをしてみてください。